Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS GFF METAL COMPOSITE ユニコーンガンダム2号機 バンシィ

<<   作成日時 : 2013/12/03 20:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

私を救ってくれる光――誰にも奪わせはしない!!

画像

GFF METAL COMPOSITE ユニコーンガンダム2号機 バンシィ

『機動戦士ガンダムUC』に強烈な印象で登場し、OVA版で新たな装備を得た黒いユニコーン。
GFF METAL COMPOSITE RX-0 ユニコーンガンダム2号機 バンシィのレビューです。
サイコ・ガンダムMk-II に続き、大型商品がリリースされたGFFメタコン事情ですが、
ユニコーンガンダムの発売から3年の年月を経て、ようやくOVA版装備のバンシィがラインナップ。
元となる素体はユニコーンのバリエーションですが、新規造形部分やアームド・アーマーのギミックを搭載し、
装いも新たに堂々の発売となってくれました。

画像

パッケージ。サイズはユニコーンと同じですが相変わらず大きいです。お値段も兄弟機同様、高額設定。

画像

付属品一式。OVA版では使用に至らなかった通常のビーム・マグナムとハイパー・バズーカ、シールドが付属。
アームド・アーマーVN展開時用の表情付き平手も新規パーツとなっています。

画像

ユニコーンモード。外装部分はメタリックダークブルーで、粒子の粉末が映える重厚感溢れる仕上がり。
襟元とアンテナ部分は金メッキパーツが使用され、1号機のユニコーンとはまた違った高級感が演出されています。
ダイキャスト部分は股関節・足首と従来から増えておらず、可動関節の機構はそのまま1号機譲りですが、
GFFというブランドの括りで言えば、ほぼ最高峰の可動とディテールの再現を両立できている部類だと思います。

画像

頭部。GFFはマスクの庇が深いアレンジなので、ユニコーンモード時にツインアイを拝むのは至難。
内部の作りが災いして、首を上げるとマスク部分が外れてしまうという個体に当たってしまいましたが、
元からGFFにはそこまで可動を求めていなかったので、何とか許容範囲として受け止めることができました。

画像

金メッキが施されたアンテナとマスク部、そして襟元の装甲。サンプル画像の物よりだいぶメッキの質感が異なり、
やや人を選びそうなメッキの色合いになっていますが、光の反射によって装甲に映えこむ様は圧巻の一言。

画像

コクピットハッチは開閉が可能。

画像

画像

全身に施されたver.ka.譲りのマーキングが情報量を増加・演出。メタリックダークブルーの装甲に映えます。

画像

画像

アームド・アーマーBSは差し替えなしで展開、発射形態時にはフィン内部のサイコフレームが露出。
非展開時にシールドの役目も果たすアームド・アーマーVNも設定通り再現。
これらのアームド・アーマーは腕部と一体化されているので、取り外した状態のバンシィは再現不可です。

画像

ビームトンファーは、右腕はアームド・アーマーBS発射形態時のみ展開可能。
左腕はアームド・アーマーVNの展開に関わらずホルダーを可動させることができます。

画像

シールドは腕パーツの形状の問題から左腕のみに装備可能。アームド・アーマーVNとも干渉せずに装備できます。
デストロイモード時には内部の花弁状のサイコフレームが展開。

画像

画像

ユニコーンガンダム同様、バックパックにビーム・マグナムとハイパー・バズーカ、シールドをマウント可能。
リアアーマーにはビーム・マグナムとハイパー・バズーカの予備マガジンを懸架できます。

画像

画像

GFFおなじみの台座も付属。本来はこうして台座に飾って鎮座させるのがGFFの正しい楽しみ方。

各関節の可動機構については、ユニコーンガンダム プリズムコートver.のレビューを参照。

画像

アクションベースを使用すれば強引に空中ディスプレイさせることもできます。
メタコンのギミックと可動を楽しみたいならば必須と言えるでしょう。

画像

画像

画像

アームド・アーマーBS。

画像

画像

画像

ビームサーベル&ビームトンファー。

画像

画像

画像

ハイパー・バズーカ。左腕がVNになっているおかげでフォアグリップを使った両手持ちは不可。

画像

画像

ビーム・マグナム。

画像

一角獣から金獅子へ変身。

画像

デストロイモード。変身過程はほぼユニコーンと同様、四肢が延長されてさらに機体のボリュームが増します。
サイコフレームと外装のメタリックダークブルーの色合いの組み合わせは抜群。圧倒的な雰囲気を纏っています。

画像

頭部。やはり形状の都合から、煽り角度からでもなければツインアイを覗き込むことは困難ですが、
獅子の鬣を思わせる金メッキのアンテナがとても威圧的でカッコいいです。

画像

画像

全身に露出したサイコフレームは、プラモ等のキットに採用された物とは異なりかなりオレンジが強い色合いに。
裏ぬりされているおかげで、光の当たり具合によっては実際に発光しているようにも見えます。

画像

展開時のアームド・アーマーVN。クローの先端部分は金メッキ仕様。
さらにMGでは再現不可能だったクローを大きく展開するギミックを内蔵。
表情付きの平手と組み合わせることで、劇中さながらの展開状態を再現することができます。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

デストロイモード時にアームド・アーマーBSを構えさせると、これぞバンシィと言ったビジュアルに。
多彩に可動するアームド・アーマーVNも、ポーズのバリエーションにも幅が拡がります。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

この圧倒的なフォルムはデストロイモードのバンシィならでは。

画像

無印版のユニコーンと一緒に。バンシィの方がユニコーンに比べ発売までに年月を経ている分、
塗装の仕上げやギミックも含めてブラッシュアップされている印象。

画像

魂ネイション2013での印象的な展示を見て以来、徐々に手元に届くのが楽しみになってきたバンシィでしたが、
ぎゅっと詰まったプレイバリューと、洗練された仕上げが共存し、期待を裏切らない内容で満足度は非常に高いです。
本来メタコン自体が、ガシガシ動かしてアクションさせるという趣向とは別ベクトルのシリーズなのにも関わらず、
思わず派手に動かしてポーズを取らせたくなるような気にさせてくれます。
金メッキ部分の仕上げは好みが別れそうですが、それでも外装の美しい仕上げと差し引いても納得の出来。
ユニコーンで証明済みの完成度がさらに洗練され、バンシィならではのギミックも完全再現。
MG以上に完成度の高い1/100スケールのアイテムとしては、マストと言える内容と言えるでしょう。

以上、GFF METAL COMPOSITE ユニコーンガンダム2号機 バンシィ でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
GFF METAL COMPOSITE ユニコーンガンダム2号機 バンシィ Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる