Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル

<<   作成日時 : 2013/11/26 22:58   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

今度作る時は、俺のデータを組み込むんだな!

画像

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル

『新機動戦記ガンダムW』に登場し、宇宙戦闘用に改修を受け地獄の淵から蘇った死神のMS。
ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘルのレビューです。
シリーズ展開当初はウイングゼロの次点あたりで発売されるかなと予想していましたが、
結果としてTV版コロニーガンダム勢のトリを務める形でのリリースとなったデスサイズヘル。
放映当時からそのシルエットに惚れこんでいたMSなだけに、こうして無事ROBOT魂化されて嬉しい限りです。

画像

パッケージ。背面に装丁されたイメージがまたカッコいいのなんの。
お値段は店頭実売価格で3000円台半ば〜4000円前後。価格高騰が進む昨今のロボ魂事情から言えば、
よくも悪くも標準的な価格設定でしょうか。

画像

付属品一式。デスサイズヘル最大の特徴でもあるアクティブクロークは着脱式。
武装はツインビームサイズのグリップが3種類、内1本はポージング用の曲がった物が付属してきます。
バスターシールド、ツインビームサイズ共にエフェクトは綺麗なクリアーパーツ製。

画像

画像

デスサイズヘル本体。アクティブクロークを展開させることでその姿は大きく変貌。
非展開時、展開時共に劇中のイメージはそのままにシルエットの破綻もなく、見事に再現されています。
スタイルの重点と言う点で言えば、大元となったガワラデザインより洗練された現代的なデザイン。
塗装精度も一部のイエローが野暮ったい感じはしますが概ね良好です。

画像

頭部。ヘルメットの庇が大きい分覗きこみ難いですが、カメラアイはメタリックグリーンで塗られています。
この庇の影響で、ポーズを取らせる際もカメラアイが映り込むアングルがかなり限定されてしまいますが、
そこは他の動きでカバーして見せるようなポーズ作りを心掛けたいところ。
庇部分の白い縁取りも塗装分けで再現されているのが地味に細かいです。

画像

画像

非展開時のアクティブクロークは前後のストッパーで固定され、シルエットを崩さないよう配慮されています。
展開時には前後・側面のクロークが大きく上方向へ展開、死神さながらの姿に。
基部のアーム部分も僅かながら動くので、ポーズの表情付けにも使えます。

画像

画像

肘関節は十分な可動性能ながらも、肩の動き自体はやや控えめといった印象。
特にサンドロック・改などにあった肩の引き出しがオミットされ、根元の自由度は相応に減っている気がします。
大振りの武装を持つデスサイズにとって、ここはもう少し可動を優先した機構にしてもらいたかったです。

画像

画像

上半身の前後可動機構は健在。これがポーズ作りの演出面で非常に役立ちます。
腰の回転はもう少し頑張ってもらいたかったところで、気持ち程度に捻ることができます。

画像

対して下半身の可動機構はかなり優秀。余裕の開脚を見せる股関節、大胆な可動の肘関節と隙がありません。
股関節の仕込み具合も程よい固さで、グリグリ動かしてもヘタることはなさそうです。

画像

リアアーマーにはツインビームサイズのグリップをマウント。
空中ディスプレイ時にはバックパックにアタッチメントを挟み込むような形で魂STAGEと接続。
これがなかなか安定しているのでストレスなく自由にポーズを作ることができます。

画像

画像

ツインビームサイズの基部は設定通りに展開、大小2つのビームエフェクトを発振可能。
バスターシールドも先端部が展開、シールド部分の塗装もばっちりです。

画像

画像

アクティブクロークを非展開時と最大展開した時のギャップが最高。
展開したクロークもヘタることがないので思いっきりアクションポーズが楽しめます。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ツインビームサイズ。湾曲したグリップを使うことでアクションポーズ時に躍動感を演出してくれます。
ただ前述した通り肩や腰の機構がやや不利なので、もう少し自由度のあるポージング機構であったならば、
さらに躍動感のある動きを追及できたような気もします。

画像

画像

画像

バスターシールド。エフェクトも劇中イメージ通りで雰囲気抜群。

画像

これで勢揃いした後期コロニーガンダム。どれもハズレのない充実したラインナップでしたね。

画像

一部の可動機構の影響で少し損しちゃってる気がしますが、やはりアクティブクロークのギミックをはじめとした、
まさに死神然としたおのデスサイズヘルを思い切り動かし倒すことができるという意味では、
これ以上ないアイテムであると言えるでしょう。ツインビームサイズのグリップも湾曲した形状の物が付属したりと、
機体そのものの武装が少ない中で、プレイバリューが見いだせる部分も味わえたりと、満足感も味わえます。
ここまでカッコよく仕上がっていると、限定販売だったメリクリウスとヴァイエイトも買っておけばよかったなと、
今更ながらに後悔しちゃっていますが、いつか手に入れてデスサイズヘルの名シーンも再現したいと思います。

以上、ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもカッコいい写真で見ていて満足です!
トト
2013/11/28 00:46
>>トトさん
毎度ありです!こいつは遊んでいて楽しい1体でしたね!
berber
2013/12/08 22:59
ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる