Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 νガンダム(サイコフレーム発動Ver.)

<<   作成日時 : 2013/06/20 00:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

人間の知恵は、そんなものだって乗り越えられる!

画像

ROBOT魂 νガンダム(サイコフレーム発動Ver.)

2013年3月に台湾で開催された「魂フィーチャーズVOL.5」会場限定アイテム。
その後日本では魂ウェブ上で抽選販売された、ROBOT魂 νガンダム(サイコフレーム発動Ver.)のレビューです。
既発のROBOT魂 νガンダムのボディをクリア成型にした上でパール塗装を施し、
劇中クライマックスで見せたサイコフレームが発動した状態を再現した仕様になっています。
軽い気持ちで抽選販売に応募していたら、忘れた頃に当選通知が届き、思わぬ収穫(出費)になりましたが、
せっかくなので積みに回してしまう前に遊び倒してみました。

画像

パッケージは魂フィーチャーズvol.5のロゴが入ったイベント品らしいブラインドデザイン。

画像

画像

付属品。通常のνガンダムからこれと言って大きな変更点はありませんが、
唯一フル拡張セットに付属していたサザビー脱出ポッド持ち手が新たに追加されています。
PET製のファンネルエフェクトパーツも通常版同様に付属。

画像

νガンダム本体。プロポーションは通常版からの流用なので丸っきり同じ。
ROBOT魂のアレンジは細身でスタイリッシュながらも、所々で量感を感じさせる体型になっています。
サイコフレーム発動Ver.の特徴はボディの一部がクリア成形になり、併せてパール塗装が施されたことにより、
全身にグロス調の光沢が与えられ、通常版とは大きく異なった雰囲気になっています。
特に肩アーマーや足首部分に至ってはサイコフレームの輝きを再現した塗装が施され、
通常版の成形色とサイコフレーム発動部分のクリアーパーツ部分が同居する形になっています。
ちなみに蛍光色塗料が各所に使われていますが、GLOWING STAGEセットのブラックライトを照射しても、
特に反応して光ったりはしませんでした。

画像

頭部。スミ入れがうるさく感じてしまう要因は、濃いメタリックブルー系の塗料が使われているため。
ここまでスミ入れされると主張が強すぎる気もしますが、ある程度離れて見るとそこまで気にはなりません。
アンテナの色はパール塗装の影響から蛍光色の強いレモン系の色合いになっています。

画像

画像

クリア成形部分は主に肩アーマーと脚部。フロントアーマーはグラデーションでサイコフレームの輝きを再現。
本来、νガンダムのサイコフレームはコクピット周りにのみ配されていますが、この場合はイメージ優先でしょう。
脚部のスラスター部分が透けて内部のメカニックが覗く様は、見ていてくすぐられる物があります。
この再現箇所から見て、MGのνガンダム ver.ka.のサイコフレーム発動状態が元になっているのかもしれません。

画像

バックパックに装備するメインのビームサーベルはグリップにもグロス塗装が施されています。
左腕の予備のビームサーベルグリップは通常の成形色。

画像

フィン・ファンネル装備形態。相変わらず重心が偏る割には頼もしい自立性能を持っています。

画像

画像

各武装にもグロス調の仕上げになっており、シールドはνガンダム本体同様にクリアー成形へと変更。
ファンネルの塗装も通常版の成形色とは異なる仕上がりになっており、特に中心部はアンテナ部分と同じく、
蛍光調のレモンイエローへ変更されています。

画像

サザビーの脱出ポッドを手にした持ち手。
パールコートが施されている点以外は、拡張フルセットに付属していた物と同じ形状をしています。

画像

通常版のνガンダムと一緒に。

本体の可動性能の説明は、通常版νガンダムのレビューを参照。

画像

画像

画像

個人的にはこのνガンダムみたいに、股下に魂STAGEアームの接続穴があると空中ディスプレイ時に重宝します。
νガンダムは元の可動性能も折り紙つきなので、直立でのディスプレイはもちろん、
ROBOT魂にしては大きめなサイズながら、飛行ポーズも安定して決まります。

画像

画像

画像

画像

ビームライフル。

画像

画像

画像

画像

ニュー・ハイパーバズーカ。νガンダムと言えばバズーカ背面撃ち。

画像

画像

シールド内臓ミサイルランチャー。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ビームサーベル。

画像

画像

画像

フィン・ファンネル展開。相変わらずファンネル支柱の安定感に不安を覚えますが、
今回の個体は当たりだったのか支柱と接続部の噛み合いがよく、以前より楽に展開状態が作れました。

画像

サザビーと合わせて劇中クライマックスを再現。

画像

画像

画像

画像

νガンダムは拡張パーツやらこうしてイベント限定品のカラバリにもなったのに、サザビーときたら。

画像

元のνガンダム自体の出来はよかったので、逆にこのクリア成形とパール塗装はいかがなものかと、
最初は届くのが半ば不安気味でしたが、想像していた物より実物は遥かに綺麗で、
違和感を感じていたボディやシールドのクリア成形部分も、見慣れてくるとカッコいいと思えてきました。
実は、当初手元に届いたνガンダムは左肘が90度しか回らない不良品で、
予期せぬ抽選に当選して予期せぬ出費をした上に、不良品を引き当て途方に暮れていましたが、
バンダイに電話したところ翌日には良品の本体を送ってくると言うスピード対応をしてくれたので、
いい意味でも悪い意味でも、このサイコフレーム発動Ver.は記憶に残る1体になりました。

以上、ROBOT魂 νガンダム(サイコフレーム発動Ver.) でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ROBOT魂 νガンダム(サイコフレーム発動Ver.) Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる