Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ALTER 1/8Scale 式波・アスカ・ラングレー テスト用プラグスーツVer.

<<   作成日時 : 2013/05/14 22:23   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

愚民を助けるのはエリートの義務ってだけよ。

画像

ALTER 1/8Scale 式波・アスカ・ラングレー テスト用プラグスーツVer.

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から、エヴァ3号機の起動実験時に着用したテスト用プラグスーツ姿のアスカ。
アルターの式波・アスカ・ラングレー テスト用プラグスーツVer.のレビューです。
今更取り上げるには旬もへったくれもないセレクトなんですが、Qのブルーレイが発売されて届くやいなや、
アスカの立体物が欲しいという欲望が抑えられなくなって、衝動買いしたのがこのアルターの破ver.のアスカでした。
発売は2010年末、ちょうど破の公開から1年半が経ったタイミング。
この頃やたらとアスカの立体物が各社から出ていたので、その中でもこのアルター版は評価が割れたのか、
度々とワゴン価格で投げ売られていたのが記憶にありますが、Qを見た今の目線から眺めてみると、
決定版とは行かなくともなかなかに新鮮で見どころの多い、そんなアスカが楽しめます。

画像

パッケージ。外観はシースルーでこのまま箱に入れて飾っても見栄えがいいです。

画像

全周。原型は柳生敏之氏。柳生氏と言えばアルターではディズィーやKOS-MOS ver.4などを手掛けた超実力派。
繊細なフリル造形が得意なことから「フリルの人」で有名ですが、プラグスーツの造形に至っても抜かりはないです。
台座から支柱で支えられた鉄骨部分に腰掛ける姿は、ヴィネット的な情景要素もありディスプレイ映えします。
とは言え今回のアルターアスカ、少々サンプル版と差異が出てしまったのか、それが叩き売りの要因になってしまい、
特にプラグスーツがツヤありの仕上げになっている点、前髪の量が少なく顔の輪郭と鼻立ちが尖ってしまった点、
さらには肌の色がだいぶ白っぽくなっていることが、全体の印象をのっぺりさせてしまっている気がします。
とは言え、肌の色を除けばいわゆる「味」として捉えられる範囲であり、サンプルのような神秘性はなおも健在。

画像

画像

顔周り。やはり肌の色が白っぽく、亜麻色の茶髪との対比にうまく溶け込めていない印象。
ですがアスカの立体物に限れば、なぜか肌が白めの物が多く出回っているので、この程度ならまだ許容範囲。
瞳の色もサンプルより明るいブルーになり、全体的に明るい印象になっています。
顔立ちについては鼻がやや主張のある形になってしまった影響もありますが、概ね美少女顔。
貞本絵とは異なりますが、これはこれで凛々しく明るい、破の頃のアスカの印象が出ている気がします。

画像

頭のヘッドユニットは髪留めも兼ねた可愛らしい形。髪の毛の色は柳生氏独特の色合いで、
落ち着きつつも柔らかい茶髪がふんわりとなびく様は美しいです。

画像

「見え過ぎ」なプラグスーツはぴったりと張り付き、歳相応なアスカの綺麗な胸の形をあられもなく象っています。
背面にもTEST用の表記がなされており、3号機との同調試験用に新造されたのが伝わってきます。

画像

画像

他にも胸元のモニターユニットや手首元の探査棒など、試験用らしい造形がそこかしこに。
普段再現されることが少ないプラグスーツの足裏まで再現され、スパイクまでしっかりと施されています。

画像

画像

腰かけた身体のくねりと、それに伴い皺が寄ったプラグスーツの再現は見事。
ツヤが出てしまった仕上げこそ残念ですが、プラグスーツの素材の質感までが伝わってくるようです。

画像

スラリと伸びた脚線も華奢ながらすごくセクシー。プラグスーツはやはり足が長くないと見栄えしませんね。

画像

画像

原型師も手放しで気合いを入れたと言うお尻。「見え過ぎ」ていたのは胸だけじゃなかった!
覗き込む角度によっては股下まで見えてしまい、中の形までくっきりとわかってしまう程。

画像

まるで本物のような鉄骨とコンクリート。リアルな造形はさすがアルターと言ったところ。

画像

台座部分はシンプルに、破のイメージカラーでもあったオレンジのクリアーパーツ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

髪の毛の流れと視線の配置が見事で、これが色んなアングルから鑑賞できる大きな要因になっており、
全角度から眺めても絵になる構図になっています。鉄骨とコンクリートの造形がリアルなこともあって、
単に美少女フィギュアの枠に留まらないインテリア的な要素もあって、眺めているのが本当に楽しいです。

画像

画像

画像

画像

破の頃のアスカは怒ったり笑ったり寂しがったりと表情豊かだったので、そういう作中の印象も含めると、
この穏やかな笑顔が過ぎ去りし日のアスカの一面を切り取ったようで、Qを見た後だと感慨深い物があります。

画像

というわけで、今更感満載ながらも個人的に楽しめたアルター版アスカでした。
元を手掛けた原型師がすごい御方でもあるので見どころは十二分にあり、尚且つ可愛らしくディスプレイ映えもする、
同時期の他メーカーから出されていたアスカの立体物とは一線を画す内容なのは確か。
衝動買いで回収しましたが、正直発売当時に手に入れなかったことを悔やんでしまう出来でした。
ただサンプルからの差異は割と顕著に見て取れてしまうので、そういう面で惜しいといった点がちらほらとあります。
欲を言えば、この世界観を基にQ版のアスカも出してくれれば、アスカ好きな自分にとってはすごく嬉しいのですが、
Q版のアスカはコトブキヤの白髭創造形が待ち構えているので、そちらをまずは楽しみにしたいと思います。

以上、ALTER 1/8Scale 式波・アスカ・ラングレー テスト用プラグスーツVer. でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ALTER 1/8Scale 式波・アスカ・ラングレー テスト用プラグスーツVer.  Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる