Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 パーフェクトストライクガンダム

<<   作成日時 : 2013/04/09 13:21   >>

驚いた ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2

完全武装で蘇れ、ガンダム!

画像

ROBOT魂 パーフェクトストライクガンダム

『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター』に登場し、オーブ解放戦に投入された新たなるストライクガンダム。
マルチプルストライカーパックを装備した、ROBOT魂 パーフェクトストライクガンダムのレビューです。
先だってWEB限定で発売されたストライカーパック拡張セットの一部に、新規造形パーツを盛り込んだ内容となり、
自ずとそのボリュームが増大されたわけですが、プレイバリューもそれに伴い、遊び応えは抜群。
付属パーツの関係から、ストライカーパック拡張セットを逃した人への完全な救済措置とまではいきませんでしたが、
新規武装が付属するおかげで、通常版ストライクの単なるバリエーションに留まらない内容になっています。

画像

パッケージ。さすがに付属品が多いのでサイズは他のSIDE MSの初期GATシリーズでは一番大きいです。
店頭価格はそれでいて据え置き3000円台が大半。ほぼ既存パーツの詰め合わせですが、なかなか良心的。

画像

画像

付属品一式。新規パーツはマルチプルアサルトストライカーパックとバズーカ。
武装は通常のエールストライクの物に加え、拡張セットに付属していたシュベルトゲベール2種類、
アグニや両形態時の肩ポッドが付属。ソードとランチャーのストライカーパックは付属しないため、
それぞれ個別の形態をパーフェクトストライクで再現することはできない仕様になっています。

画像

パーフェクトストライク本体。さすがにこれだけ武装を搭載すると完全な自立は困難ですが、
ランチャーストライクの時のようにアグニが支柱代わりになります。
全体の塗装は安定しており、エールストライクの頃よりも精度が上がっている印象。
さらに青いPS装甲部分の色合いがエールストライクから若干変わっており、エールストライクの濃いブルーに対し、
パーフェクトストライクではより劇中のPS装甲カラーに近い、鮮やかなブルーになっています。

画像

頭部。マスクの位置もエールストライクの頃よりさらに向上し、キリッとした面持ちに。
ダクトのスミ入れも濃く、とてもカッコいいです。

画像

エールストライクと比較。並べるとパーフェクトストライクのゴテゴテ装備感が際立ちます。

画像

パッケージ裏に胸部構造を改良したと記載がありますが、可動性能自体はそこまで劇的に変わっていません。
但し胴体下腹部の隙間がエールストライクより明らかに詰められており、見栄えがよくなっています。

画像

画像

エールストライクの武装の57mm高エネルギービームライフルとシールドも付属。
ビームライフルのフォアグリップ可動とストライクの優秀な肩関節可動により、自然な両手持ちが決まります。
さらに今回新規造形のバズーカも付属。水中戦で装備した一度きりの武装でしたが立体化は珍しいです。
PET素材で軽量に作られており、グリップが可動するので保持も楽。

画像

リアアーマーにはバズーカマウント用のラッチが新造されています。バズーカのマガジンはそれぞれ着脱可能。

画像

画像

パーフェクトストライク時のマルチプルアサルトストライカーパック。左右にシュベルトゲベール、アグニを懸架。
ストライクの右肩にはコンボウェポンポッド、左腕にはソードストライカーのユニットが配されます。
コンボウェポンポッドはその大きさが災いし、肩を動かすとシュベルトゲベールの懸架部とかなり干渉します。
アグニのアームは元のランチャーストライカー同様に伸縮展開可能。
ジョイントが小さいので展開している最中によく外れますが、展開時のクリアランスと自由度は確保されています。

画像

マルチプルアサルトストライカーパックのウイングは、エールの物と比べて広げられる角度が狭まっている印象。
最大展開で水平角度より僅かに持ち上がる程度です。
当然、ウイングを大きく展開させた方が全体の見栄えがいいに決まっているので、この造りは少し残念。
背部の増設バッテリーも再現されていますが、バーニアポッドがバッテリーユニットと干渉するため、
エールストライク時では広範囲に動かせたバーニアの動きがかなり制限されてしまっています。

画像

画像

画像

画像

画像

ストライク本体の優秀な可動性能は健在。

画像

画像

画像

バズーカはフォアグリップユニット基部が回転するので、左右のどちらの手に持たせても両手持ちが可能。

画像

画像

パーフェクトストライク時は僅かにアグニ側に重心が偏るので、空中ディスプレイ時には少々気を遣います。
付属のスタンドではバランスは取り辛いので、素直に普通の魂STAGE台座を使った方が無難。

画像

画像

画像

320mm超高インパルス砲・アグニ。相変わらず砲身が大きいので、構えた時のケレン味は抜群。

画像

画像

ビームブーメラン・マイダスメッサー。

画像

画像

画像

15.78m対艦刀・シュベルトゲベール。やはりパース付きの刀身は迫力抜群。劇中さながらの構図が決まります。

画像

画像

ロケットアンカー・パンツァーアイゼン。ケーブル部はおなじみのリード線で再現。

画像

画像

画像

画像

画像

本編中でパーフェクトストライクについての言及こそなかったですが、アイキャッチで初めて見せた姿は鮮烈でした。

画像

豊富な武装のおかげで1体でのプレイバリューはかなり詰め込まれていますが、
コンボウェポンポッドの干渉、エールストライカー部のウイング・バーニアポッド可動の制限と、
痒いところに手が届いていない点がちらほらと見受けられます。
改善された胸部構造についても、そこまでパッケージ裏に大体的に記載するようなことではなく、
素のストライクの可動性能についてはエールストライクの時と何ら変更はないです。
ただ、部分的でもウェブ限定だったソード・ランチャーの武装が付属し、新規武装のバズーカも同梱されるなど、
差別化が十分に図られているあたりは好感度が高いです。
HGではベースのストライク自体が既に現状のフォーマットから時代遅れになり、RGでは改造必須になるので、
立体物としてのパーフェクトストライクをチョイスするなら、このROBOT魂がベストだと思います。

以上、ROBOT魂 パーフェクトストライクガンダム でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
見ているだけでも重そうですね。
結構、バランスとるの難しいのではないでしょうか?

いつも見ても素晴らしい撮影ですね。動きがあって、まるで実在しているような感じがします。
また次回作も期待しています
田澤重工
2013/04/15 20:11
>>田澤重工さん
ありがとうございます。バランスは見ての通りの体型なので台座を使っても傾いてしまいます。ただこれだけ装備を積んでも大きく動かせる余地が残っているあたりはさすがです。
berber
2013/04/18 22:34
ROBOT魂 パーフェクトストライクガンダム Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる