Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS MG νガンダム ver.ka.+ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット+アームド・アーマーDE

<<   作成日時 : 2013/03/12 20:59   >>

驚いた ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 0

だから世界に人の心の光を見せなくちゃならないんだろ――!

画像

MG νガンダム ver.ka.+ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット+アームド・アーマーDE

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するアムロ・レイ最後の搭乗機体。
12年の月日を経てver.ka.としてリファインされ二度目のキット化となった、MG νガンダム ver.ka.のレビューです。
さらに今回はプレミアムバンダイ限定で発売となったダブルフィンファンネル拡張ユニット、
「機動戦士ガンダムUCバンデシネ8巻特装版」付属のアームド・アーマーDE を追加装備してのレビューになります。

νガンダム ver.ka.と言えば、もはや2012年末にリリースされた超大型キットで、
二度目のキット化に際し多くのギミックとカトキハジメ監修によるプロポーションの追及、
そして最新のMGを体感できる可動機構を搭載していることで話題となり、ファンを大いに沸かせました。
キットのパーツ数も尋常ではなく組立工程も複雑、おまけに今回は追加装備を2種類も上乗せしたので、
完成までに随分と時間がかかりましたが、出来上がった時の達成感はその分格別。
やはりνガンダムは伊達ではないことを思い知る、そんな充実した内容になっていました。

画像

νガンダム本体。部分塗装は頭部バルカン砲塔のみで、素組みでもほぼ完ぺきな色分けがなされています。
そのプロポーションは無印版MG νガンダムから大きく進化し、マッシブだった胴体は引き締まり、
一部パネルライン風に色分けされた装甲はシールで補完され、逆襲のシャアの映像で見るνガンダムとは異なり、
キットのマニュアルにあるようにEVOLVE版νガンダムの色合いが濃い体型になっています。

画像

頭部。完全に現代風のアレンジが施された細めの造形で、シャープなフォルムが凄まじくカッコいいです。
胴体にLEDユニットを仕込むことでカメラアイを発光させることができるギミックが内蔵されていますが、
その場合はカメラアイのシールを貼らずに仕上げなくてはならず、そうなると見栄えも損なわれるので、
今回は普通にシールで補完。採光性もよく、無塗装でも十分にいい雰囲気を出してくれます。

画像

コクピットシャッター・ハッチの開閉。MGではおなじみのギミックで、中にはもちろんアムロの姿も。

画像

今回のνガンダム ver.ka.から採用されたエモーショナルマニピュレーターSP。
ランナーから切り離すだけの、いわゆるRGのような多重インサート成形のおかげで五指が全て可動し、
掌のリブを起こして武装に接続することで、確実な保持力を持たせています。
とにかく表情豊かで無印版での弱点だった武器の保持力も解消されたんですが、指の先端が外れやすく、
ランナーから切り離す際は無理な力を入れてしまわないように注意が必要です。

画像

首元は根元から大きく上に引き出すことが可能。

画像

画像

肘関節・肩関節共に最新のMGに恥じない可動性能。実にすばらしい可動域を確保しています。
特に肩関節引き出し機構は強力で、根元から大きく前方へ引き出すことができます。

画像

腰の捻りも上々。シャープにリファインされたとは言えやはり大柄なキットですが、スムーズに回転してくれます。
さすがに最近主流の上半身の前後スイング機構こそオミットされていますが、
このサイズの大型キットであれば逆に仕込むことで不安定になるかもしれません。

画像

膝関節から足首にかけても驚異の可動性能。1/100サイズの大きな脚部が曲がる様は圧巻です。
特に足首は球体関節が仕込まれ、横ロールや爪先を伸ばす動きにも柔軟に対応してくれます。

画像

画像

背部バックパックのビームサーベルラックは回転が可能、腕部の予備サーベルラックは設定通り展開。
ニュー・ハイパー・バズーカ。もバックパックにマウントが可能。

画像

フィン・ファンネル装備形態。専用の台座はMG Hi-νガンダムの物を発展させたようなもので、
空中ディスプレイ時はνガンダムのバックパックにアームを接続させて固定。安定度はかなり高いです。
ですがこの形態、νガンダム ver.ka.の最大の欠点とも言えるファンネルのポロリがあるおかげで、
普通にファンネルを装備させるだけでもかなり骨が折れます。ファンネルの連結位置を選べる仕様が仇となり、
ジョイント部の固定力のなさがファンネルの重さに耐えきれず、落下してしまうことが頻発します。

画像

そこでこの欠点を克服すべく、ファンネルの連結部に強力なネオジムマグネットを仕込みました。
任意に連結位置を選べるギミックはオミットされますが、これで下手にファンネルが外れてしまうことも抑えられ、
スムーズな取り付けができるようになりました。簡単に仕込めるのでかなりオススメの改造ポイントです。

画像

そしてver.ka.の最大のギミックとなるのがこの発動モード。
全身の装甲が展開・パージし、内部のサイコフレームがユニコーンガンダムのように露出した状態です。
コクピット周りにのみサイコフレームが配されているのが原作の設定でしたが、視覚的な新解釈ということで、
ユニコーンをデザインしたカトキハジメだからこそ成しえたような、プラモオリジナル設定になっています。
ギミックの必要性はともかく、一部装甲がパージすることで見た目の印象が大きく変貌し、
膨大なパーツがかっちりと合わせっている状態から展開する様は、まさに圧巻です。

画像

画像

装甲から露出するサイコフレームはクリアーグリーンのパーツで再現。
パーツ裏にシルバーシールを貼ることで集光性を高めています。

画像

画像

画像

ビームライフル。武器の保持力が上がったことで昔の無印版に比べて遥かにポーズが付けやすいです。

画像

画像

ニュー・ハイパー・バズーカ。砲身の伸縮ギミックも内蔵されています。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ビームサーベル。

画像

画像

画像

フィン・ファンネル射出。硬質なプラスチック製のアームが採用されたおかげで固定力はかなりありますが、
その分角度の調節が難しく、複数機展開させるだけでも一苦労です。

画像

そしてダブル・フィン・ファンネル&アームドアーマー・DE装備形態。
本来、バックパックは通常版とダブル・フィン・ファンネル版を選んで組立るコンパチ仕様なんですが、
ここは2機分のパーツを使ってそれぞれ作成。どちらの形態でも飾れるようにしました。
前述のとおりファンネルの連結力が貧弱なので、もう片方のファンネル群にもマグネットを内蔵させました。

画像

アームド・アーマーDE 。本来はユニコーンガンダムver.ka.用の装備ですが、アタッチメントを使うことで装備可能に。
他にもMG シナンジュ・スタインに装備できるアタッチメントが特装版のキットに付属されています。
展開時はデストロイモードのシールドのように内部のサイコフレームが露出。
デカールは余剰分を適当にアムロ仕様をイメージして貼りつけました。

画像

ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニットに付属してくるファンネルのビームエフェクトシート。
MG Hi-νガンダムに付属してきた物より大きく、またシートが二重折り形式になっていて分厚いです。
エフェクトシートは計6枚付属。つまりダブル・フィン・ファンネル全てにシートを装着できる訳ではありません。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

両翼のファンネル、そして大型のアームド・アーマーDE を装備したことで当然動かし辛くなりますが、
ここまでくると見た目のボリュームとインパクトが全て。

画像

画像

画像

フィン・ファンネル射出。ここまで持ってくるのには相当苦労します。
もう少しファンネルの接続アームに自由度があればゴチャゴチャせずに飾りやすいと思うんですが、
そうすると今度は固定力が失われてしまいそうなので、一長一短なところです。

画像

ひとまず「νガンダム ver.ka.で出来ることは全てやろう!」という意気込みで作り始めましたが、
膨大なパーツ数と工程、そして追加装備のおかげで完成までにかなりの時間を費やしてしまいました。
キット自体はMGの最先端技術を惜しみなく投入した内容で、そのバックボーンにはRGからの技術転用もあったりと、
まさに2012年を締めくくったキットに相応しい、素晴らしい内容。
ファンネルのポロリさえなければ満点をあげたいところなんですが、そこは工作と改造で克服。
追加装備のダブル・フィン・ファンネルとアームド・アーマーDE の存在も、プレイバリューの拡張に貢献し、
ひさしぶりに気合いの入ったガンプラ制作を送ることができました。
後続のシナンジュ・スタインにも今回のνガンダムからの応用があったりと、確実に進化を遂げているMGだけあり、
2013年末にはまたどんな大型キットが出てくるのか、今から楽しみです。

以上、MG νガンダム ver.ka.+ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット+アームド・アーマーDE  でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい
MG νガンダム ver.ka.+ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット+アームド・アーマーDE  Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる