Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 トールギス

<<   作成日時 : 2013/02/19 19:56   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

このMSに、自分の可能性を賭けてみたいのだ!

画像

ROBOT魂 トールギス

A.C.時代の全ての戦闘用MSの原型となった始祖の機体、ROBOT魂 トールギスのレビューです。
既にEW版のトールギスVや、ウェブ限定で発売されたトールギスUを経てのリリースとなりましたが、
やはりトールギスと言えば、白い甲冑騎士のようなガワラデザインのMSを浮かべる人も多いのではないでしょうか。
既発のVやUを踏まえての発売となったため、改良点も施され、ゼクスのキャラクター性から想起させるような、
質実剛健たるしっかりとした完成度になっています。

画像

パッケージ。お値段は店頭価格で3000円前後。最近のSIDE MSにしては標準な価格帯です。

画像

付属品一式。ドーバーガン、シールド等の武装類を除いて、交換用手首等はトールギスVと同じ形状。
他にもテレビのOP映像時に装備していたライフルや、整備時の頭部が付属してきたりと、
なかなか面白い内容になっています。

画像

トールギス本体。プロポーション自体はVやUのフィードバックもあるために同型。
脚部にかけて程よくマッシブな体型で、重装甲という設定を十分に活かしたシルエットになっています。
装甲の塗装はツヤを抑えたホワイトで、Vの頃より改良が伺え、安っぽさを感じない仕上がりに。
どうやら塗装精度自体には個体差があるようですが、どれも良品と呼べる範囲で収まっているようで、
比較的安定している部類と言えるでしょう。

画像

頭部。カメラアイ部分はブルー。への字型スリットも安定したスミ入れが施されています。

画像

整備時の頭部。装甲が外されたその姿は、まさにリーオーを思わせる意匠。
むしろトールギスから派生してリーオーが開発されたことを物語っています。

画像

Vの頃から指摘されていた首の可動は改良され、無改造で最初から回転が可能になっています。
デメリットを引き継ぐことなく、このようにフィードバックして商品化してくれるなんて、ありがたいことです。

画像

画像

可動性能に関してはほぼVと同じで、最新の可動機構こそ採用はされていませんが、
重装甲MSなのにも関わらず、関節部分は割とスマートな可動を見せてくれます。
ただ肩はやはりスイング時に装甲が干渉しがちで、背部のスーパーバーニアユニットも影響し、
腕を取回す時は若干窮屈に感じます。関節の仕込み自体は固目で言うことなしです。

画像

画像

上半身は大きく仰け反らせることが可能で、飛行ポーズ等を作る時に特に有用。
腰の回転も比較的自由度があり、90度までとはいきませんが、ぐっと腰を落として捻ることができます。

画像

股関節は左右のサイドアーマーと膝の重装甲が影響して、90度程までしか開きません。
膝関節に至っては太い腿の装甲を苦にすることなく曲げることが可能。

画像

膝立ちも余裕です。腰をぐっと落とせるので自然な屈みこみが可能。

画像

スーパーバーニアユニットは、ウイング部、スラスターカバーが連動して展開。
さらにユニット基部を水平角度近くまで任意に調節させることができます。

画像

ドーバーガンは接続アームで右肩に装備。銃身が伸縮展開して発射時の再現も可能。

画像

同じくシールドも接続アームで右肩に装備され、フレキシブルに角度を調節できます。
裏側にはグリップとビームサーベルを収納。

画像

画像

画像

「殺人的な加速だ!」 魂STAGEのアームはトールギス本体に接続し、空中ディスプレイは何のストレスもなし。

画像

画像

画像

画像

ビームと実体弾の両方を発射可能なドーバーガン。
銃身が展開することで、ケレン味のある姿でポージングさせることが可能。

画像

画像

画像

画像

OPで装備していた幻のビームライフルを初立体化。なかなか様になってくれます。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ビームサーベル。発振パーツは赤みがかったクリアーピンク。
サーベルの持ち手には、トールギスV同様に角度の付いた持ち手首が付属してくるので、
突きの構えや振りぬいた時のポーズが容易に作れます。ポージングの幅も自ずと広がるので嬉しい配慮です。

画像

というわけでトールギスでした。自分にとってのトールギスは、まさにこのガワラデザインのTV版が真っ先にくるので、
トールギスVの問題点を解決してリリースしてくれたことは素直に嬉しいです。
可動性能自体は最新のフォーマットでこそありませんが、元になったトールギスV自体がよく動いてくれたので、
特に動かしていて不満に感じる部分もなく、安定して楽しめる1体になっていると思います。
敢えて問題点を挙げるなら、リーオーを除いてトールギスと絡ませられるMSが今のところ発売されていないこと。
ガワラ版ウイングやヘビーアームズなんかが出てくれると、一緒に並べて劇中再現ができそうなんですが、
それは今後のラインナップ展開に期待したいところです。

以上、ROBOT魂 トールギス でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
トールギスは1ー3全部カトキデザインな。ガワラじゃない。
p
2014/09/01 11:41
ROBOT魂 トールギス Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる