Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS D-Arts テリー・ボガード

<<   作成日時 : 2012/11/23 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

伝説はよしてくれ。俺はまだまだ現役さ!

画像

D-Arts テリー・ボガード

格闘ゲームの金字塔『ザ・キング・オブ・ファイターズ94』に登場する伝説の狼。
『餓狼伝説』『ザ・キング・オブシリーズ』等数多くの名タイトルに登場する不滅のファイター、テリー・ボガードが、
格闘ゲームタイトルから初のD-Artsラインナップに参戦。

毎度のことながら、D-Artsの立体化タイトルには逐一くすぐられるところがあり、
今回のテリーもファンなら思わずニヤッとしてしまうこと請け合いのラインナップになったのでは。

画像

パッケージ。ブリスター詰めの状態だとやる気のない姿でパッケージングされていますが、
裏面のパワー・ゲイザーのイメージには購買欲が高まること間違いなし。

画像

テリー本体。マッシブな肉体がまさにドンズバな体型ですが、上半身にボリュームが集中しすぎているおかげで、
スタンドなしの自立は割と困難を極めます。どうせなら専用の魂STAGEでも付属してもらいたかった。
塗装精度については服装に限ればかなりいい雰囲気に仕上がっていて、ツヤも抑えられ質感は十分。


画像

付属品一式。何といっても目を惹くのは必殺技のエフェクトの数々。これだけでも買う価値はある気がします。
交換用の手首は平手2種類、そしてキャップのつば用の持ち手。さらにナップザックを携えた右手首も付属。

画像

通常顔。こんなに顔が濃くて強面だったかなと思うほどですが、作品ごとに絵柄が微妙に異なるテリーなので、
それらを擦り合わせた結果なのかもしれません。左目の塗装に少々荒が見受けられるのが残念。
肌の色が腕の色と微妙に異なっているのも違和感があります。
あとキャップを被らせる際に頭との間に隙間が若干生じてしまうのもいただけません。

画像

叫び顔。これまた通常顔とは別人のような印象を受けなくもないです。
視線が少し寄っているのが特徴ですが、アクションポーズを取らせていてもあまり気になることはありませんでした。

画像

歯をのぞかせた不敵な笑顔。これもまたアクション時に使えそうな表情。
これら3種類の頭部ですが、交換に少々難ありです。取り外す時はいいですが、差し込みが難しく、
うまく軸にはまるような手ごたえもないので、付け替えるのが億劫になってしまいます。

画像

禁断の状態。このサイズだと帽子の中の髪の毛まで再現はできなくて当然なんでしょうけど、
せっかくのキャップの持ち手が宝の持ち腐れ染みてしまい、キャップを使ったアクション幅が出ないのが残念。

画像

後頭部の髪の毛はポーズに応じて形状の異なるパーツに差し替え可能。
ちょっと黄色の塗りがチープに見えてしまうかも。

画像

画像

前述しましたが、衣服の質感は上々な域。筋肉隆々な上腕と、ジャギー調の袖は雰囲気抜群。
ジャケットの背中の皺の寄り方もとてもリアル。

画像

ジーンズのダメージ表現もなかなかいい感じ。

画像

画像

いわゆるD-Arts初の機構となる「格闘素体」の第一弾となった訳ですが、可動にはやや癖があります。
肘関節は生身の人間と同様の可動性能、肩も水平角度までは十分なスイング域を持っていますが、
あまり肩の軸を回しすぎると破損する恐れがあるとわざわざ説明書に書かれている始末。
上半身にも可動軸がありますが、あまり大きな仰け反りや屈み込みには適していません。
腰の回転はまずまず捻ることができますが、あまり回しすぎると下半身との軸が外れてしまう有様に。
欲を言えばもう少し柔軟性が欲しいといったところです。

画像

膝関節自体は素直な可動性能。爪先のリストジョイントも可動します。

画像

膝立ちもこなせますが、やはり上半身がもう少し屈めるような機構だと尚よかったかも。

画像

一応、テリーのお尻部分にはディスプレイ用のジョイント接続部があります。
パーツを外してジョイントアームを尻にぶっ挿すというとんでもない仕様になっていますが、
あまりジョイントに固定力がなく、使った場合でも本体の重みが災いして固定しづらいです。

画像

右手専用のナップザックを携えた持ち手。肩にかければ流浪のストリートファイターの風格が。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

やはりポーズを楽しむにはディスプレイベースは必須な気がします。なぜ付属させなかったし。

画像

画像

画像

地を這う気の飛び道具、パワーウェイブ!

画像

画像

画像

養父であるジェフ直伝の技でテリーの代名詞、バーンナックル!

画像

画像

画像

超必殺技のパワーゲイザー。立ち上る気の柱が存在感抜群。
エフェクトパーツのどれもがゲーム中の雰囲気をよく再現しており、尚且つ汎用性も高そうなのが魅力。

画像

画像

ヘイ、カモンカモンッ!! 絡ませるならやはり格闘キャラは必須でしょうか。

画像

画像

(ギースに会う前にとんでもない奴に出会ってしまったの図)

画像

特筆すべきはエフェクトパーツを使った必殺技再現。これに尽きます。
テリーのみならず他のキャラのエフェクトにも使えそうで、半分エフェクト目的で買ったようなものでした。
対する可動性能については、「格闘素体」と謳っている程のポテンシャルはあまりなかったというか、
まだまだ構造的に無理してるような部分があるので、改良の余地があると思います。
プロポーションについては文句がない程いい体型なので、自立の難に目を瞑りたいところではありますが、
他にも交換用の顔が差替え辛かったりと、遊び易さに一歩引いてる部分も他に見受けられてしまうのが残念。
今後のラインナップで徐々に改善してもらえたらというところでしょうか。

次のD-Arts格ゲーキャラ枠はサムスピの覇王丸という情報が出ていますが、
せっかくテリーを出したんだから、どうせなら餓狼やキングオブシリーズで揃えて欲しいところなんだけどなぁ…。

以上、D-Arts テリー・ボガード でした!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
D-Arts テリー・ボガード Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる