Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS METAL BUILD フリーダムガンダム プリズムコートVer.

<<   作成日時 : 2012/10/26 23:20   >>

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

白く輝く装甲で、再び舞い降りた自由の剣!

画像

METAL BUILD フリーダムガンダム プリズムコートver.

秋葉原UDXにて開催されたTAMASHII NATION 2012の開催記念限定品のひとつ、
METAL BUILDフリーダムガンダムに白く輝くプリズムコートを施した特別版が登場。
つまるところ、かつてのMETAL COMPOSITEユニコーンガンダム プリズムコートのフリーダム版で、
TAMASHII NATION 2012の物販品の中では一番値が張る高額アイテムでした。
リデコ品とは言え、通常版は秀逸な完成度だったMETAL BUILDフリーダムだっただけに、
今回のプリズムコートver.はスペシャルなアイテムとしての価値がどれ程か気になるところ。

画像

パッケージ。大きさ自体は通常版の箱と同じですが、開催記念限定品と言うことで一風変わったデザインに。
魂ブランド5周年記念と言うこともあり、今回の物販のパッケージのいずれにも、5周年記念のロゴが入っています。

画像

フリーダム本体。ユニコーンのプリズムコートver.の時もそうだったんですが、このプリズムコートと呼ばれる仕様か、パッと見で映えるような派手さはなく、外装に施された光沢仕上げが光に当たることで
通常版の締まった色合いの装甲色とは違った雰囲気を醸し出す、そんな印象が特徴です。
好みによっては通常版の色合いの方が好き、という人がいてもそれはそれでアリだと思いますし、
自分も通常版と並べて比べてみても、そこまでプリズムコートにアドバンテージがあるようには思いませんでした。
またこれもユニコーンの時と同じくプリズムコート仕上げのサガか、一部の装甲は逆にコートが曇っていたり、
最悪の場合は黄ばんでいるように見受けられるような箇所もチラホラ。
オフィシャルサイトのサンプル画像でキラッキラに光ったものがありますが、あまりそれを期待しない方がいいです。

その他、通常版と違いがあると感じた部分はスミ入れの精度で、明らかに通常版の方が仕上がりがいいです。
あとはウイングバインダー部分の仕込みが通常版に比べてだいぶ緩くなっており、
実際は問題はなかったんですが、動かしている内にヘタってこないかと心配になりました。

画像

頭部。通常版でも一般販売された物の中には塗装精度に差があることで話題が上がっていましたが、
今回の自分が掴んだプリズムコートver.は概ね良好な模様。
ただ頬のグレー部分の塗料がよく見るとマスクの脇に滲んでいますね。

画像

画像

やはりプリズムコート仕上げは思い切り光を当てて反射させるくらいの方が引き立つ気がします。
バインダー部分のブルーにもツヤが施され、一見メタリックブルーのような仕上げになっていますが、
それこそサンプル画像のようにテカテカの仕上げにしてしまってもよかったような。

画像

付属品の種類、及び台座は通常版から仕様変更なし。
交換用手首は相変わらず豊富で、2種類のサーベル用握り手に加え、表情の付いた平手が付属。

本体の細かい可動説明やギミックの紹介などは、通常版のレビューを参照してください。

画像

画像

画像

通常ver.との比較。向かって左側が通常ver.、右側がプリズムコートver.。
前述したように、本当に一瞥しただけでは大きな違いがわからないのが難点で、多少プリズムコートver.の方が、
装甲の反射する光の量が多いことがわかるぐらいでしょうか。

画像

画像

画像

部分毎にクローズアップ。頭部部分を見るとプリズムコートver.のツヤが見て取れるかと思います。
武装類に至ってはそれほど変化はありませんが、シールドの中央周辺のグレー部分に限れば、
プリズムコートver.独特の光沢が確認でき、尚且つ全体がやや暗めになっています。

画像

画像

相変わら台座が優秀すぎるので、劇中のケレン味あるポーズが抜群に決まります。

画像

画像

画像

画像

ルプス・ビームライフル。フォアグリップが柔軟に可動するので両手持ちが非常に作り易い。

画像

画像

バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲。展開時にアンテナへ干渉しやすく、折らないように注意が必要。

画像

画像

クスィフィアス・レール砲は銃身のグリップが展開し、握りながら発射するポーズも可能。

画像

バインダーと武装を展開した時のボリュームはやはり圧巻。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ラケルタ・ビームサーベル。相変わらず発振パーツのグリップへの差し込みがきつく、
逆に外す時にも予想以上に力が要るので、根元に負担が掛かって折れてしまわないか心配。

画像

画像

画像

アンビテクストラス・ハルバード。連結した時はかっちりと固定されるので、グリップが中折れすることは皆無。

画像

画像

画像

最後はハイマットフルバーストで。

画像

イベント限定記念品と言うことで、特別版的位置付けなプリズムコートver.のMETAL BUILDフリーダムでしたが、
同じく魂イベント系での物販品であったダブルオーライザーのトランザムver.と比べると、
やはり通常版の色合いに比べて大きなアドバンテージと言うか、魅力に今一歩欠けるような気がしなくもないです。
METAL COMPOSITEユニコーンガンダムのプリズムコートver.の時にも散々言われていたことなんですが、
『プリズムコート』という名称自体にもいささか問題があり、サンプル画像のような派手な光沢を期待していると、
実物を開封した時のその差にショックを受けるかもしれません。
また、一部仕上げの荒い所に至っては、黒ずんでヤニのように曇っていたりする箇所もあるので、
今後もまだ『プリズムコート』という名目でバリエーション展開をするなら、少々改良の余地はあるように思います。

それでも、通常版を持っていない人へのひとつの選択肢、として考えられなくもないですが、
いかんせんイベント限定品なだけあって、機会を逃すと入手が難しくなるのも考え物。
気になる人は購入すべき、と奨めるべきなんでしょうが、以上の要点は参考までに踏まえてもらいたいところです。

とまぁ色々けなしているようにも見えますが、元の通常版の出来を既に体感済みの自分にとっても、
動かすのは相変わらずムチャクチャ楽しいです。カッコいいポーズが決まる決まる。
次のMETAL BUILDブランドのリリースはエクシアなので、無論期待値も当然のように高いわけですが、
それまではこのプリズムコートフリーダムを通常版と並べて飾って、所有感に浸れられそうです。

以上、METAL BUILD フリーダムガンダム プリズムコートver. でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
METAL BUILD フリーダムガンダム プリズムコートVer. Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる