Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 ユニコーンガンダム(サイコフレーム発光仕様)GLOWING STAGEセット

<<   作成日時 : 2012/10/03 19:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

たったひとつの望みは、人の数だけある――。

画像

ROBOT魂 ユニコーンガンダム(サイコフレーム発光仕様)GLOWING STAGEセット

魂WEB商店9月の受注限定品。ROBOT魂 ユニコーンガンダム(デストロイモード)フルアクションver.に、
サイコフレームの輝きを再現する蛍光塗料のオーバーマスクスプレーを施し、
さらに劇中のような発光状態を再現すべく、ブラックライト台座のGLOWING STAGEをセット。

クアンタムバースト以来、第2弾となったブラックライト台座仕様のフルアクションユニコーン。
以前のクアンタムバーストが本体の耐久面でかなりがっかりさせられ、大枚を叩いたことに半ば後悔してましたが、
果たして今回のブラックライトユニコーンは如何に。

画像

パッケージ。サイズ的にも以前のクアンタムバーストと同じ程でしょうか。
ブラックライト台座を含むためやや厚みがあります。値段も同じくかなりの高額で、購入には勇気が要りました。

画像

本体。サンプル品の画像を見た時は「流血」と揶揄されるのも仕方ないかなと思っていましたが、
サイコフレームが露出した周りに蛍光塗料がスプレーされているのが、サイコフレーム発光仕様たる所以。
ですが実物を見てみると、個人的にはサンプル程のケバい印象がなく、全然気になりませんでした。
むしろブラックライトを使わずとも劇中のデストロイモード発動時の雰囲気は出せていると思います。
ただ、やはりフルアクション版のメタリックレッドとはかけ離れたサイコフレームの色合いになっているのも事実。
ここは大きく好みが分かれてしまいそうなところです。

各部の造形は全てフルアクション版と同じなので、プロポーションはもはや説明の必要なし。

画像

頭部。アンテナ部分も蛍光塗料が塗られているため、ブラックライトを使わないと少々安っぽく見えてしまいます。
ついでにカメラアイの隈部分も蛍光塗料になっています。

画像

画像

サイコフレームが露出する装甲の縁に合せるようにオーバーマスクスプレーされた蛍光塗料。
面白いのは踵サイドの可動装甲部分にも、サイコフレームの光が反射しているのを再現していることです。
もちろんシールド内部のサイコフレームも蛍光塗料で塗られています。

画像

付属品。武装関係は全てフルアクション版に準じるため、細かいオプションも含めてかなりのボリューム。
ビーサーベルはフルアクション版の物と違い、根元にピンクの蛍光塗料で塗られているのが特徴。
ブラックライト台座はおなじみの形状で、デストロイモードをイメージして中央部も真紅になっています。
クアンタムバーストの台座は中央部分にクアンタのロゴが入っていましたが、今回はそういう洒落っ気は皆無。
ついでに台座アームは魂STAGEのACT5仕様。個人的には使い辛いのでACT4のアームに差し替えました。

画像

フルアクション版との比較。どちらも悪くないと思いますが、塗装方法が違うだけでここまで雰囲気が違うと、
同じ物を買ったという印象はあまりないです。

本体の可動性能やギミック説明はフルアクション版のレビューを参照してください。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

相変わらず遊び易さは抜群。ガシガシ動かして遊べる上にストレスフリーで思うさまポーズが決まります。
脚を曲げた時の脚線美はまさにフルアクション版で勝ち得た真骨頂。

画像

画像

画像

画像

極め付けにGLOWING STAGEでブラックライトを点灯。
ブラックライトという性質上、劇中での雰囲気に似ているかと言われればそれはまた別の話になるんですが、
オーバーマスクスプレーの恩恵でサイコフレームの周囲がばっちり光っているように見えます。
クアンタムバーストの時と違い、発光させようとしている部分が明確なので、
今回のユニコーンの方がブラックライト台座と相性がいいように思えます。

画像

頭部サイドやカメラアイの下も漏れなく発光。頭頂部のセンサーも光っていてさりげなく綺麗。

画像

画像

画像

ビームサーベルもブラックライトを照らすとご覧の通り。

画像

あんただけは――墜とす!

画像

画像

予想を裏切ってくれたと言うか、いい意味で今回はブラックライト台座の恩恵を楽しめた逸品でした。
ベースとなったフルアクションユニコーンの遊び易さは言うまでもなく、オプション類も不足なくプレイバリューがあり、
尚且つブラックライトで発光した状態はいつまでも眺めていたくなる程カッコいいです。
とは言えユニコーンガンダム自体は散々リメイクされ続けているので、そろそろ他の脇役あたりが欲しい所。
同じくブラックライト台座セットのシリーズでは、過去の魂ネイションのイベントで覚醒エヴァの展示があったので、
次に来るとしたらエヴァ初号機にブラックライト台座セットと言ったところでしょうか。

以上、ROBOT魂 ユニコーンガンダム(サイコフレーム発光仕様)GLOWING STAGEセット でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
ROBOT魂 ユニコーンガンダム(サイコフレーム発光仕様)GLOWING STAGEセット Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる