Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 ウォクス・アウラ

<<   作成日時 : 2012/08/26 23:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

貫け!走れ!ジャージ部魂!!

画像

ROBOT魂 ウォクス・アウラ

ROBOT魂SIDE ovid第1弾となった『輪廻のラグランジェ』に登場する主人公機のウォクス・アウラ。
事前から鳴り物入りのプロモーションがなされ期待が高まっていたSIDE ovidなだけに自分も楽しみにしていました。
リリースのタイミング的に、リボルテックに僅かに遅れをとっての発売となったわけですが、
変形ギミックをオミットしてうまくアイテムとしての差別化がなされているかどうかという点と、
今後WEB限定で発売されるリンファやイグニスのベースになるとも言える第一弾商品なだけに、
果たしてどこまでプレイバリューが見込めるかが気になるところ。

画像

パッケージ。3000円台を切る手頃な価格帯の割にはやたらと分厚いです。
ブリスター枠のデザインが劇中の輪廻発動時のような模様になっているのがさりげなくいい。

画像

本体。華奢すぎたイメージのあるリボルテックみどりから一変、ロボット然としたバランスのいいプロポーション。
よりアニメの設定画に近い体型と言えばロボ魂版に軍配が上がると思います。
彩色もリボルテックに比べて淡い色合いになり、尚且つ鮮やかで綺麗。

画像

並べてみればその差は歴然。大きさもロボ魂版の方が僅かに大きいです。
こうして見ると上半身と下半身各所のバランス比率がかなり異なっていることがわかります。

画像

頭部。リボルテックに比べて顔面積が大きいせいか塗装での再現部分も良好。

画像

上半身の流麗なラインはもちろん健在。

画像

羽根の部分は淡いクリアーパープルで再現。
リボルテック版と大きく違う所は、根元にジョイントがないために羽根自体が可動しないところ。

画像

画像

腕・肩周りの可動はリボルテックに比べてかなり素直に動かしやすくなっています。
特に二の腕部分に回転軸があるために腕の動きにかなり自由度が増えていますが、元のデザイン上の問題か、
相変わらず腕を前へ振り下ろすような動きにはあまり向いていません。
肩の軸も大きく回転するので余裕の腕スイングが可能。ただ、肩関節の根元が引き出せるような機構なのに、
羽根と腕が一体化(厳密には羽根が差し込まれている)されているので、肩を引き出すことが事実上不可能。
もう少し羽根の部分に配慮があれば可動の幅が拡がるのに、これには少し首をかしげてしまいました。

画像

体の回転は上半身の可動軸を捻って行います。程度はまずまずと言ったところ。
そして今回のロボ魂みどりで一番不可解なのが胴体部分。特に前後にスイングできるような機構でもなく、
前後で謎のパーツ分割がなされており、ここがやたらと動かしている内に抜けやすくストレスになりました。
抜けやすいのはまだしも、せめて前後への可動軸ぐらいは欲しかったところ。

画像

膝関節の可動は軒並み優秀。踵部も可動するので自立には困りません。
ただ脚部の柔軟性で言えばリボルテック版の方が融通が利く上に内股にしやすいので、
その点でみどりらしい女の子しゃがみのポーズ等がロボ魂では取れなくなっているのが残念。

画像

付属品。武装は亜空ソード・プロムスに加え、亜空シールド・イテムが付属しています。
決めポーズ用の「まるっ」の手首パーツは左右共に付属。これが何気に嬉しい。

画像

画像

専用の魂STAGEも付属。台座部分はクリアーグリーンでアウラの模様がデザインされています。
ただし本体に対して普通の魂STAGEアームでは尺が短く、おまけに差し込み口が背部の機首根元にあり、
飛行ポーズを取らせるのに割と苦労します。リボルテックのように股に差し込み口があればよかった……。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

前述の通りアームの長さに余裕がなく、普通に飛行ポーズで飾ると脚が接地しかねないので、
魂STAGEの下にアクリルベースを置いて高さを確保した上でポージングしました。

画像

画像

画像

ま〜るっ!

画像

画像

画像

画像

亜空ソード・プロムス。肩の可動が素直なのでリボルテック版に比べればポーズは作り易いです。

画像

画像

画像

画像

画像

亜空シールド・イテム。シールド部分が鮮やかなグリーンのクリアーパーツで再現されており、
ロボ魂F91のビームサーベル回転エフェクトのような円盤の形状をしています。

画像

鴨川人めが!!

画像

お約束の鴨川ジャーマン。

画像

どんどん増える我が家のみどり。

画像

一通り遊びた倒してみましたが、個人的な好みで言えば自分はリボルテック版の方が好きですね。
可動範囲の広い肩関節やイテムの付属など、ロボ魂ならではのアドバンテージはありますが、
リボルテック版は変形もこなせる上に、下半身が柔軟でよりみどりらしいポーズが作れるのが大きいです。
塗装やプロポーションは間違いなくロボ魂の方が上なんですが、せっかく付属してくる魂STAGEを使っても、
肝心の飛行ポーズへの配慮があまりなされていなのも気になりました。
それでもこの仕上がりならリンファやイグニスも一緒に並べてみたいっていう気になるのは確かです。

以上、ROBOT魂 ウォクス・アウラ でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ROBOT魂 ウォクス・アウラ Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる