Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS リボルテックヤマグチ ウォクス・アウラ

<<   作成日時 : 2012/08/12 23:08   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

リボルテックでまるっと鴨川スピリット!

画像

リボルテックヤマグチ ウォクス・アウラ

鴨川を舞台に描かれる近未来ロボットアニメ『輪廻のラグランジェ』から、主人公の京乃まどかが駆るオービッド、
「みどり」ことウォクス・アウラがリボルテックでジャージ部入り。

市販で出回るウォクスのアクションフィギュアとしては初の立体化となった今回のリボみどり。
後続にバンダイのROBOT魂のリリースが控えている中、先行して販売できるのはやはり海洋堂の大人の事情か。
プロモーションではややロボ魂に押され気味な感がありましたが、ピアサー形態への変形もこなすなど、
しっかりとツボを押さえた内容になっており、ファンには嬉しい第一号アイテムと言ったところでしょうか。

画像

パッケージ。ブリスター内部には各部が分離されたみどりが収まっています。
背面のイメージビジュアルがとても爽やか。

画像

まずは人型のウォーリア形態。
日産のカーデザイナーコンペから選出されたモデルが採用され、話題を呼んだ斬新なシルエット。
劇中画よりやや細身で胴に当たる部分が長く、彩色や仕上げからメリハリに欠けるような印象こそありますが、
独特の流麗なラインはよく再現されています。もう少し胴が短かかったらシルエットとしてはドンピシャだったかも。

画像

頭部。小顔なのでお世辞にも塗装が綺麗とは言い切れず、荒が見受けられます。
ここはいつもの海洋堂クォリティーか。

画像

オービッドを印象付ける最も重要な要素がこの肩から後ろへと流れるライン。
スポーツカーのシルエットを思わすスポーティーさと、ウォクスの持つ人型の有機的な要素が合わさっています。

画像

虫の羽根を想起させるウイング部分はリボジョイントで可動し、アクションポーズに表情を添えることが可能。
ウィング部分はクリアーパープルで再現され、雰囲気もばっちり。

画像

肩の接続は構造上かなり独特。普通の人型ロボットフィギュアの感覚で遊ぶと思い通り動かず、
特に前に腕を振るようなアクションには不向きと言わざるをえません。
可動性能の自由度はかなり狭い部類に入りますが、その分肘から先にかけてがよく動いてくれます。

画像

腰に回転軸はなく、体の捻りは上半身のジョイント部分を回転させることで再現。
一見動しにくそうですが、見た目よりかはだいぶ捻ることができます。
さらに上半身のリボジョイント軸は前後への動きにも対応。
後ろに大きく仰け反らせることができますが、あまり仰向けにさせると中のリボジョイントが剥きだしになって不格好。

画像

膝に当たる二重関節部分の可動はかなり優秀。リボジョイントの特性を活かし、しっかりと曲げることが可能。
踵にあるクロー部分にもジョイントが仕込まれており、自立の際にアシストしてくれます。

画像

画像

こんな女の子っぽいしゃがみこんだポーズも余裕。股関節のジョイントが優秀で内股ポーズが決めやすく、
膝も思い切り曲がるので劇中のような可愛いポーズが作り易いです。

画像

付属品。交換用手首は握り拳と右手用の「まるっ」決めポーズ用の物が付属。
武装の亜空ソードプロムスは右腕専用ですが、左腕の展開時の交換用パーツも付属。
他、ピアサー形態への変形に必要な固定式の下半身や脚部パーツ等。
そしていつもの如く付属のスタンドはあまり使い勝手がよろしくないので、魂STAGEあたりの使用がオススメ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

まるっ!

画像

画像

画像

画像

画像

亜空ソードプロムス。刀身の鮮やかなグリーンの色がとても綺麗。
取れるポーズのバリエーション自体は少ないですが、装備させて動かすとみどりのシルエットがより際立ちます。

画像


画像

画像

画像

そしてピアサー形態へ変形。下半身の一部パーツを差替えて変形させますが手順はとても簡単で、
変形後もきちっとシルエットを維持してくれます。
ウォーリア形態で細身の印象をだったラインがピアサー形態になってシャープなラインになり、
Su-47ベルクートを思わせるような後退翼が航空機っぽくてすごくカッコいい。
劇中ではピアサー形態での出撃シーンがすごくカッコいいので、ランディングギアとか付いてたらよかったのにな。

画像

画像

画像

画像

画像

こういう変形機体で前後上下どこから眺めてもかっこいいロボットってあまりないような気がします。

画像

鴨川ジャーマン・スープレックス。

画像

我が家のみどりあちまれ!左はガレキのゴリデコル・みどり。右はハセガワのたまごひこーきみどり。
デフォルメモデルと並べると、リボみどりの華奢具合がすごい。

画像

ロボ魂ではもうリンファやイグニス等の立体化情報が出回ってますけど、リボルテックはどこまで出すんでしょうね?
出たら出たでロボ魂版との比較も面白そうですが、それはともかくオービッド第一弾のアクションフィギュアとして、
これからこのリボみどりが基準点になっていくのではないでしょうか。
塗装がいつものリボルテックの域を出ていなかったり、肩の可動がやや独特で気難しい部分もありますが、
その他は概ねツボを押さえて遊べる内容です。個人的にはピアサー形態のカッコよさがグッときたかな。

以上、リボルテックヤマグチ ウォクス・アウラ でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
リボルテックヤマグチ ウォクス・アウラ Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる