Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 ガンキャノン・ディテクター

<<   作成日時 : 2012/07/17 19:53   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

トリントン基地を守るグリプス戦役の古参。

画像

ROBOT魂 ガンキャノン・ディテクター

ROBOT魂SIDE MSの魂Web6月の受注限定品、『機動戦士ガンダムUC』に登場したガンキャノン・ディテクターが、
Ka.signatureシリーズ第2弾としてバイアラン・カスタムに続いてリリース。
正直値段だけ高くてあまり遊べないかなぁと思っていましたが(実際のプレイバリューはそうなんだけれども)、
これはこれで普通の一般販売のロボ魂にはない、独特のディテールが渋くてかっこいい逸品です。

画像

パッケージ。前回のバイカスはかなりの大型商品でしたが、今回のガンキャノンDTは割と普通なサイズ。
ですがKa.signatureの常か、ウェブ限定品特別品なだけあってなかなか分厚いです。

画像

本体。『Z-MSV』では真紅で彩られたメタスの派生砲撃機という位置付けでしたが、
今回はUCのepisode4でトリントン基地を防衛していたダークグレーの渋いカラーリングでのリリース。
ツヤを消したマットな外装と無骨なシルエットに、カトキリファインの面構成も加わり、情報量はなかなかのもの。
気になった点と言えばビームキャノンやビームガン砲身等のグレー部分のゲート処理跡が荒いこと。
それさえ除けば、質感と言い塗装と言い、まさにパーフェクトな部類に入るのでは。

画像

頭部。センサー部分はメタリックグリーンで再現され、ストイックな外装と反してカッコいい。

画像

股間や膝裏の動力パイプ部等は立体的な構成で再現。

画像

画像

見てくれからして可動性能は期待していませんでしたが、概ね予感的中。
特に肘関節は装甲のデザインの問題からほとんど曲げることができず、可動範囲は現時点でロボ魂最底辺の域。
一応肩のスイング、前方への引き出しも可能ですが、肘が曲がらないことにはポーズの幅を広げられません。
肘の可動って大事だね。

画像

画像

上半身にはロボ魂初のギミックを搭載。なんと上半身を引き上げることで、上体を大きく仰け反らせることが可能に。
これのおかげでガンキャノンDT特有の砲撃姿勢が自然に作れます。
腰の回転は障害もないのでスムーズに回転。あんまり派手な動きをするようなMSでもないですが、
大きく捻れるのと捻られないのとでは千差万別なので一応ツボは抑えてあります。
脚から下は独特な形状をしており、一見曲がりにくそうな膝関節も十分動いてくれます。

画像

背部ビームキャノンと肩部ビームガンは砲身がそれぞれ独立して可動。
特にビームキャノンの砲身は大きく動くので、色んな角度で表情を付けることができます。

画像

さらに下半身の外装が展開し姿勢制御アームになるギミックも搭載。
episode4本編を見直してみましたが、しっかりとアームで支えつつ砲撃しているシーンがありました。

画像

付属品一式。武装はビームライフルのみ、それを保持する手首と表情付きの平手をセット。
一応魂STAGEへの接続パーツも入っているので空中ディスプレイも可能です。
気になったのは手首の外れやすさ。他の関節は固めに仕込まれているのに、手首は簡単に外れてしまいます。

あとバンダイさんがやらかして、本来付属する筈のデカールが同梱されていません。
何か出荷時の手配ミスやらで同梱漏れが起こったようで、7月上旬にメール便で送ると案内があったものの、
未だに手元に届いていないとはこれ如何に(#^ω^)ピキピキ

画像

画像

画像

最近のパースを利かせたハッタリのあるポーズが似合うようなMSでもないので、
逆にポーズを取るのが難しく感じましたが、いわゆる「MSらしい」ポーズがとんでもなく似合うのがこの体型。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ビームライフル。保持手首との相性はバッチリですが、如何せん手首自体が腕から外れやすいので、
取り回しのし易さという意味では肘関節の貧弱な可動と相まってお世辞にもいいとは言えません。
ただ見た目に反して腰の可動が優秀なので、振り向き撃ちをさせたりするとなかなか様になってくれます。

画像

画像

画像

画像

姿勢制御アームを使っての砲撃。膝立ち・両足座り時共にアームを使うことで安定したポージングが可能。
やっぱりガンキャノン系の機体は派手に動かすより、腰を下ろした砲撃ポーズが一番似合う。

画像

同じくトリントン基地を防衛したバイアラン・カスタムと。こうして並べるとやっぱりバイカスはでかい。

画像

いわゆるマイナー機体を出すことに自己満足を見出している感さえあるKa.signatureにおいて、
前回のバイカスは本編でこれみよがしな無双シーンがあったため立体化も頷くことができましたが、
ガンキャノンDTに至っては登場カットも僅かで大した活躍もしてなかったような…と、
そんな扱いなのでこの立体化はもう完全にマニア向けの商品化企画なのだと実感します。
可動に関してはだいぶ控えめな性能ですが、それでもガンキャノン特有の砲撃ポーズはしっかり作れるし、
何より市販のSIDE MSとは一線を画すディテールの量と構成が目を惹きます。
その分お値段もだいぶ高くついてしまうんですが、当初の予想よりは得た満足感は大きかったですね。

以上、ROBOT魂 ガンキャノン・ディテクター でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
肘関節は、引き出し式なのでかなり動きますよ!
aggaitann
2012/07/18 13:26
>>aggaitannさん
ご指摘どうもです。確かに引き出し式でかなり曲がりますね、見落としていました。
近い内に訂正しようと思います。ありがとうございました。
berber
2012/07/24 01:37
ROBOT魂 ガンキャノン・ディテクター Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる