Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒いユニコーン 〜機動戦士ガンダムUC episode5 プレミアレビュー感想記〜

<<   作成日時 : 2012/05/22 12:08   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

絶望を退ける勇気を持て。君がガンダムのパイロット、ニュータイプであるなら。

画像

お前もガンダムか!ってことで公開初日から少し日数が経ってしまいましたが、
毎度恒例になりつつあるガンダムUC episode5のプレミアレビューの感想でも書き連ねていこうと思います。
もう既に増巻が告知され、エンディングまでの経路は確保されたようなものなので、
尺不足と言うUCの最大の不安要素は排除された訳なんですが、今回のepisode5の展開はその余裕の影響か、
実に物語がのびのびと描かれていたと思えました。

画像

今回も前回のepisode4の時と同じく横浜ブルク13へ、ツイッターのフォロワーさんと観に行きました。
公開初日、加えてその後仕事を控えていたので上映第一枠のシートだったのですが、

画像

ロビーはこの有様だよ。

物販列は毎度の如くの長蛇の列だったので、「上映が終わってから並べばいいやー」とタカをくくっていたのですが、
いざ上映が終わってロビーに戻ると「ブルーレイ、限定ガンプラ共に完売です」のアナウンス。ザマぁ!

前回のepisode4の時もその前も、ブルーレイに関してはかなりの在庫数があったような記憶があるのですが、
今回に限っては上映第一枠終了と共に完売という異様な売れ行き。どこの劇場もそんな様子だったみたいですね。
幸い、新宿ピカデリーはまだ販売しているという情報を頼りに、2日後にチケットを抑えて回収することができましたが、
ピカデリーに至っても公開3日目ド平日の朝から列ができる有様で、正直買えないんじゃないかとヒヤヒヤものでした。

画像

回収物資。劇場限定ブルーレイ、パンフレット、劇場配布のガンダムUCバンデシネなどなど。
限定ガンプラは例によってあまり食指が動かないのでスルー。

画像

これが今回の劇場限定ブルーレイ付属の生フィルム。MSでも人間ですらもない!
ある意味当たりか?

一呼吸おいて、本編の感想へ移りたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 巡回記事紹介 】

ミカタンブログ -松戸駅から10マス進む- ・「グッスマ10周年感謝企画!再販&商品化希望総選挙」結果発表!
>お、おう…ねんどろの再販枠が個人的に微妙すぎる…。スケールの希望枠はなかなかいい感じ。
さやかちゃんとあんこのfigmaはもう再販案内だってな!いいだろう、戦争だ!

相撲ロボット製作部 Ver.2さま ・ねんどろいど 佐倉杏子 (挿げ替え編)
>可愛いぞ可愛いぞ〜。他のMS(魔法少女)とのゲイジングもなかなか合ってる!

螺旋ホビーさま ・RG ガンダムマークII(エゥーゴ仕様)
>カッコいい。MGのver.2に見慣れてしまった感もあるけど、改めて見るとギュッと情報が凝縮されてますね。

みるブロさま ・魂キャラバン featuring 非公認戦隊アキバレンジャー
>秋葉のキャラバンには仕事で行けなかったのでこのレポは非常にありがたいです。

ふぃぎゅる!さま ・まったりレビューねんどろいど セイバー スーパームーバブル・エディション
>そういえばムーバブルエディションの一般販売ナンバーってこのセイバーだけでしたね…。
訓練されてない民間人には早すぎたか。

SLB IN THE EAST☆さま ・唯ちゃんとシェンカーV
>「Assault Attack」を弾き倒す唯の姿で脳内補完余裕でした。

Lucky☆Minorunさま ・ミルキィホームズライブin武道館!!
>DAIGOさん何してはるんすかw

【 レビュー記事紹介御礼 】

やろうと思ったけど溜まり過ぎなので割愛させていただきます。申し訳!

D-Arts タナトス ・ROBOT魂 バイアラン・カスタム ・ファット・カンパニー 1/8 Scale 八雲藍 ・MG バンシィ
figma セイバー Zero ver. figma アイリスフィール・フォン・アインツベルン
             
多くのサイト様にご紹介いただき、ありがとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 1人で世界と戦う?できんのぉ?お前にぃ? 】

『黒いユニコーン』の感想本編。毎度のアレでおこがましいですが、一個人の感想として捉えていただければ恐悦。
あとネタバレすんなコラって方は今すぐブラウザバック推奨。では。












画像

画像

画像

画像

シャンブロ沈黙後、ラー・カイラムへ移送されるユニコーンとバナージ。
事件に関与している人物達の目的はやがてオードリーが拘束されているガルダへと集約されていきます。
episode4で大改編を行ったストーリー展開は、ここでようやく小説版と同じ路線へ戻ることになりました。

画像

画像

ガルダのオードリー奪還へ向けて、懐かしい面々も登場してきます。
ルオ商会のベルトーチカ・イルマにカイ・シデン。グリプス戦役からの時の流れを感じてゾクゾクきましたね。

画像

今回、いつにも増してやたらと人物がよく動きます。表情はもとより腕や指など四肢の細かい仕草など、
「ジブリアニメを意識した」と言っていた福井氏の言葉はこれを指しているのではないかと。
物語も若干駆け足気味なんですが、この表情の演技と古橋演出が加わり、キャラクターが実に際立ってます。

画像

画像

オットー艦長渾身の体を張ったギャグシーン。
殺伐としたシーンが続く中でこういう緩急をつけてくれるのも、見ている側が疲れなくていいですね。

画像

画像

ガルダへ移送されるバナージにガランシェールと共闘しろと諭すブライト艦長。
幾多のパイロットを見てきた歴戦の艦長がなせる振る舞いと、成田剣さんの演技が光るグッとくる場面。

画像

画像

画像

画像

画像

そして始まる超高々度空域での戦闘。MSが縦横無尽に動きまくる!
アンクシャの発進シーンは特に「空戦」という言葉がしっくりきますね。過去のガンダムにない表現が多様され、
気を抜く間を与えない戦闘はカッコいいんですが、肝心のアンクシャが尽く散っていくので仕事できていない感が。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ユニコーンは武装封印されたままバンシィと激突。デストロイモードになりかけるもバナージはこれを完全に制御。
この間ユニコーンモードでアンクシャから奪ったビームサーベルのみでバンシィと応戦。
小説版ではデルタプラスとも交戦したりデストロイモード同士のぶつかりもあったんですが、完全に改変入ってます。
ダグザ、ギルボア、ロニと失ったバナージが選んだ彼なりの戦い方が垣間見えますが、
個人的にはデストロイモード同士で大暴れして欲しいという願望もあるような。

画像

画像

リディの声を振り払ってガルダから飛び降りるオードリー、そしてそれを受け止めるユニコーン。
ここのユニコーンの動き方、凄いとしか言いようがない。温かみのあるCG表現でオードリーを受け止めるシーンは、
思わず涙腺が緩んでしまう程、今作が映像美で魅せてくれる内容であることを証明しています。

画像

画像

ガルダの中へなだれ込むバンシィとユニコーン。
ガルダに潜入したジンネマンがバンシィに押しつぶされそうになるんですが、一瞬の表現でマリーダが危険を察知し、
バンシィの腕で壁を抑えて持ち堪えジンネマンを助けるなど、本当にハッと思わせる演出を仕込んできます。

画像

画像

画像

お前もガンダムか!!小説版でいつの間にかフェードアウトしてたデルタプラスはバンシィに破壊されて幕引き。
それにしてもリディがどんどん擁護できない程に落ちぶれていく。

画像

画像

ジンネマンの記憶が蘇り、自らを敵と認識するマリーダ。ジンネマンの過去と人間臭さが一気に溢れ出て、
ここも思わず涙がにじむようなドラマが詰め込まれています。

画像

サイコフレームの力でガランシェールと共に大気圏外へ脱出するシーン。
小説版でのオマージュ台詞は完全になくなり、映像と音楽だけで魅せています。
あのセリフはもう連載当時から色々言われてましたから、ここの改変は間違いなく正解。

画像

はい、悪いことしようとしてる顔だよこれ。

画像

画像

画像

宇宙へ上がっても間髪を入れずネェル・アーガマを襲うゼネラル・レビルと、そこに介入してくる袖付き。
ローゼンズール無双からシナンジュとゼネラルレビルとの交戦でepisode5は終了。

形だけで見れば、今回のepisode5も小説からかなりの改変を受けていますね。
それに加えて人物の表情で魅せる古橋演出が今回はかなり際立っている気がします。
やはり展開が少し駆け足気味なのは間違いないですが、ストーリーの尺にも余裕ができたおげか、
ガルダ〜大気圏脱出までをじっくりと描いているのは間違いないです。
逆に小説からカットされてしまった戦闘を自分は期待していたのですが、episode4の改変の流れからして、
「こういうまとめ方をしてくるのか」という驚きもありました。

あと今回、EDテーマの『BROKEN MIRROR』が凄くいいですね。
元々BOOM BOOM SATELLITESが好きってこともありますが、劇場版だと和訳テロップ付きで流れるので、
歌詞の意味が汲取れて面白いです。

続くepisode6は2013年春、そしてFINAL。まだまだ先は長い。

画像

これステマだけどデストロイモードでのぶつかり合いはロボ魂で再現しよう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
黒いユニコーン 〜機動戦士ガンダムUC episode5 プレミアレビュー感想記〜 Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる