Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS D-Arts タナトス

<<   作成日時 : 2012/05/03 00:02   >>

かわいい ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

我はタナトス…汝より生まれ出で、汝の傍らに歩む者なり――。

画像

D-Arts タナトス

『ペルソナ3』の象徴とも言える最強の死神のペルソナ、タナトスがD-Artsで立体化。
D-Artsシリーズでは既発でP4のイザナギが発売されており、それに続く形でのリリースとなりました。
今後他のメーカーからタナトスの立体物が市販で出回る可能性も低いと思えば、貴重な立体化と言えるかも。

画像

パッケージ。イザナギの時もそうだったけど思ってたより大きいです。

画像

素立ち。足の形状から基本的に付属のスタンドベースで支えるのがデフォです。
真っ直ぐ立たせただけだと味気も何もあったもんじゃないけど、背面の棺桶群のボリュームが凄い。

画像

頭部。拘束具を被った姿の上に覆われた怪物のような仮面にはパール光沢のような質感が。
ゲーム劇中やキービジュアルをよく模していると思います。

画像

仮面部分は独立開閉して咆哮する姿も再現。

画像

胴体各部位。造りが丁寧かどうかはともかく、マットな仕上げで死者に被せるような黒衣の質感が出ています。
ベルトの模様は死神コミュのペルソナらしくドクロ模様に。
ゲームをやっていただけではわからないような細かい部分も再現してくれているのは嬉しい。

画像

画像

D-Artsブランドでこの手の異形の姿をした立体物にそこまで可動を求めるのも酷なんですが、
全体の可動性能はやや窮屈で動かし辛い感じ。
特にもう少し肩周りに自由度があれば、剣を振うポーズにもバリエーションが出ていいのになと弄りながら実感。
腰の回転もほとんどおまけ。派手な動きにはあまり向かないかも。

画像

膝の可動。衣装のおかげで脚部の動きにも若干制限があります。

画像

本体を支えている背中のアーム。クリック式の可動部が根元にありますが、タナトス本体の重みで前に傾きがち。
もうちょい強固に支えてくれるとハッタリの利いた色んなポーズが取れるような気も。

画像

画像

タナトス最大の特徴と言えばこの背中の棺桶。劇中に比べ小さい気もしますが造形は抜群。
内側も鎖が繋がっていたりと情報度が多く、棺桶はそれぞれボールジョイントで翼のように展開が可能。
サンプルを見た時にはヘタるんじゃないかと心配もしましたが、概ねしっかり形状を保てます。

画像

剣の鞘は腰に接続可能。剣の刀身もいい雰囲気が出ています。持ち手にぴったりなので保持には問題なし。

画像

台座は死神のアルカナ模様を模した、シンプルでありながらも凝ったデザイン。

画像

画像

画像

画像

ペ……ル……ソ……ナ……!

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

イザナギの時のようなエフェクトはないので、ROBOT魂アーバレストのラムダドライバエフェクトを流用。
蒼炎みたいな雰囲気が出るのでオススメの組み合わせ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

剣撃アクションはやはり肩周りの可動がネック。振り上げや前方への引き出しに乏しく横方向への可動に弱いので、
そこまで幅のあるアクションが決められないのが難点。

画像

画像

画像

キタローはまだいないので銃持ちの人、ってことでほむソナ。

画像

画像

画像

画像

画像

魔法スキル発動。  カ ッ !

画像

というわけでタナトスでした。グリグリ動かすのには向かないですが、造形はカッコイイの一言。
特に全身を覆う背中の棺桶が凝っており、翼のように広げると迫力のボリュームが得られて大満足。
P4やザ・ゴールデンなんかにも出てくるあたり未だに根強い人気のペルソナなので、ファンにはマストなアイテム。
今後魂ウェブで発売されるFiguarts ZEROのキタローと是非並べてみたいですね。

以上、D-Arts タナトス でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
D-Arts タナトス Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる