Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS METAL BUILD フリーダムガンダム

<<   作成日時 : 2012/03/26 00:25   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 1

想いだけでも…力だけでも――!

画像

METAL BUILD フリーダムガンダム

METAL BUILDシリーズ最新作は『機動戦士ガンダムSEED』より舞い降りた剣、フリーダムガンダム。
ガンプラは元よりあらゆるフィギュアシリーズで立体化されてきたフリーダムが、METAL BUILDの堅牢な造形と可動、
そして独自の解釈を加えた圧倒的なフォルムを纏って登場。
個人的にも期待していた今回のフリーダムは、まさにマスターピースとも言える素晴らしい力作。

画像

パッケージ。例に漏れずMETAL BUILDシリーズの箱の大きさは健在。
裏面にはこのフリーダムに凝縮されたバンダイの拘りが書かれており、期待を煽られます。

画像

セット内容

・フリーダム本体 ・ビームライフル ・シールド ・交換用手首 左右各×4 ・ビームサーベル刃×2
・シールド交換用ジョイント ・台座&支柱 ・ディスプレイ用ジョイントパーツ×2


前作のセブンソードに比べて武装がシンプル。見慣れたフリーダムなだけあって過不足のないオプション類。

画像

監修に重田智、ディレクションにケミカルアタックの坂本氏らと錚々たるメンバーで設計されたフリーダム。
従来の立体物に比べバインダーがかなり高い位置に配され、翼として魅せるようなデザインがなされています。
プラモデルとは違った合金要素とディテールが全体を引き締め、シャープな外観と重厚な情報密度が同居。
塗装の質感もダブルオーガンダムに比べてよりメタリックなイメージが強調された印象です。

画像

頭部。こう言ってしまうと設定が破綻してしまいますが、「ストフリの頭部を移植した」フリーダムと言った感じ。
頬にあたるグレー部分はガンメタリック調の塗装で再現され、またアンテナの金色もよく映えます。

画像

画像

各所に配されたマーキング。誇張しすぎず、返って存在感がないわけでもなく、アクセントとしては十分。

画像

画像

もはや超可動が当たり前のように求められるMETAL BUILDブランド。
ダイキャスト製の関節によって重厚ながらも実に柔軟に動いてくれます。特筆すべきは前腕部の可動ポイント。
ここを動かすことで微妙な手元の表情も演出できます。

画像

ケミカルアタック節が炸裂する今回のピックアップポイント。
シルエットが崩れないよう工夫された可動機構として、肩アーマー・フロントスカート部に可動部が仕込まれ、
肩や膝を上げた時にラインを崩さず美しく見えるような独自のアレンジが施されています。

画像

画像

上半身の可動ポイントはもはや最近のトレンド。大きく仰け反ることで飛翔ポーズをかっこよく決められます。
腰の回転も十分。脚部は膝から大胆に可動し、爪先も曲げることで美しい脚線を得ることが可能。

画像

この通り膝立ちも実にスムーズに決まります。ダイキャスト関節の恩恵で接地性の安定感は抜群。

画像

画像

展開することで圧倒的な空間を占有するバインダー。可動軸の堅さが絶妙で、スムーズに動き且つ形が崩れません。
今回最も唸らされたギミックは、バラエーナの砲身とバインダーが接続され固定できる点。
これによりバインダーを閉じた状態でもすっきりとしたシルエットが得ることができます。
左右の膝部スラスターはもちろん展開可能。

画像

武装類の中で一番のアレンジが見受けられるシールド。表面の色分けがガンプラに比べてさらに増えています。
肘のハードポイントに接続し、シールド裏のグリップで保持が可能。
やや肘のハードポイントから外れやすいのが難点ですが、ポーズに合わせて2つのジョイントを選ぶことで、
あらゆるポーズに柔軟に対応することができます。

画像

フリーダム系の立体物で悩まされる点として、腰のサーベルグリップの外れやすさが挙げられます。
しかしMETAL BUILDはその例外。しっかりとホールドすることができ、遊んでいる内にポロリする心配は皆無。
ビームライフルは設定通りリアスカートにマウントが可能。

画像

クスィフィアス・レール砲のグリップは展開して握らせることが可能。このグリップの配置もアレンジされており、
MGやRGでは砲身内部にグリップが仕込まれていましたが、METAL BUILDでは砲身側面に配されています。

画像

画像

台座もダブルオーガンダムから踏襲された非常に優秀な物が今回も付属してきます。
アームの多重ロック・伸縮によって普通のアクションベース等では不可能なディスプレイができるのが売り。
本体へは2種類のジョイントパーツを使うことで、様々なポーズで空中ディスプレイができます。

画像

画像

画像

パースを利かせたアニメ劇中さながらのポーズを迫力のサイズで。

画像

画像

画像

画像

ルプス・ビームライフル。METAL BUILDシリーズの難点としてライフル保持用手首の頼りなさは今回も健在。
ただダブルオーガンダムの時のように大きな武装がないのがマシでしょうか。
ライフルのフォアグリップは可動するので両手持ちもこなせます。

画像

画像

画像

バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲。展開時にアンテナへ干渉するので注意が必要。

画像

画像

画像

クスィフィアス・レール砲。展開した時のケレン味は抜群。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ラケルタ・ビームサーベル。発振パーツはMGに付属するものと同形状のパーツ。
ビーム刃をグリップへ挿す時にやたら固いのでうっかり根元を折らないように気を遣います。

画像

画像

画像

アンビテクストラス・ハルバード。

画像

画像

フルバースト!

画像

そしてハイマットフルバースト!この圧倒的なシルエットは唯一無二。

画像

METAL BUILDならではの高密度な情報量と妥協を排した可動性能とギミックの数々。
散々立体物が出回ってきたフリーダムですが、その過去作を遥かに圧倒する完成度には脱帽。
まさかここにきて今更フリーダムの立体物で唸らされるとは、予想はしていましたがその予想を大きく上回りました。
ライフルの保持の甘さ等、ダブルオーの時からの欠点はまだ拭えていませんが、そんな不満も消し飛ぶ逸品。
値段も含めてハイエイジ向きな立体物ですが、ファンなら是非一度手に取ってもらいたいです。これはいいものだ。

以上、METAL BUILD フリーダムガンダム でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は〜^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。
フェラガモ バッグ
URL
2012/10/14 18:25
METAL BUILD フリーダムガンダム Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる