Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 エールストライクガンダム&ランチャーストライカー&ソードストライカーセット

<<   作成日時 : 2011/10/03 20:24   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

戦火の大地に、蘇れガンダム!

画像

ROBOT魂 エールストライクガンダム&ランチャーストライカー&ソードストライカーセット

『機動戦士ガンダムSEED』からROBOT魂ならではの可動アレンジを受けて登場したエールストライクガンダム、
同時に魂WEB商店限定の受注アイテム「ランチャーストライカー&ソードストライカーセット」がSIDE MSに登場。

SIDE MSのSEED系シリーズはストライクフリーダムに始まりデスティニー、次いで今回のストライクと3体目。
今回のストライクはかの有名なスペクリシリーズの原型担当者が基本コンセプトからデザイン。
さらにメカ作画監督の重田智氏が監修をすることで劇中のポーズ再現に拘った新機軸の可動機構を実現。
ランチャー&ソードストライクと合わせることでよりストライクの超可動を味わえる内容となっています。

画像

パッケージ。裏面にはストライクに採用された新機軸の可動機構の説明。
ちなみにストライクとは別に後続リリースされるユニコーンガンダムのデストロイモード フルアクションver.にも、
この可動機構を採用した元スペクリ担当者が企画に携わっているみたいです。

画像

セット内容

・ストライクガンダム本体 ・エールストライカーパック ・ブースター 左右各×1 ・交換用手首 左右各×3
・アーマーシュナイダー ×2 ・ビームサーベル刃×2 ・ビームサーベルグリップ×2 ・ビームライフル
・シールド ・シールド用ジョイント ・ディスプレイスタンド ・ディスプレイ用ジョイント


武装内容はシンプルながらもエールストライカーパックのボリュームが目を惹きます。
謎デザインのクリアーブルーのスタンドは角度によっては倒れやすいですが、使い勝手は悪くないです。

画像

まずはストライク本体。引き締まったプロポーションにSEED系MS独特の多面ディテールがよく出ており、
塗装精度も荒がなく非常に良好。各所のグレー部分がガンメタリック調になっているのが特徴です。

画像

頭部。やや小顔ながらSIDE MSの鬼門でもあったガンダム顔は完全に克服しているレベル。
イーゲルシュテルンの砲門はシルバーで塗り分けられています。

それでは可動範囲の説明。

画像

首ジョイントは上方向の動きに対応。180度近くまで曲げられる肘関節に余裕の可動範囲を持つ肩のスイング、
そして大胆に引き出すことができる肩関節のおかげで不自由のない高い水準の可動性能を確保。
肩関節が緩みやすく勝手に引き出てしまうことがありますが、ポーズを付けてしまえば概ね気にならない程度。

画像

画像

腹部にはパッケージ裏面にも記載されていた可動ポイント。
仰け反りや屈み込みに対応していますが極端に動かせるわけではなく、あくまで自然なS字曲線にすることで、
劇中の動きに合わせた躍動感を生むことを目的にしているようです。
腰の可動も健在。グリグリ動く変態腰可動を予想していましたが、実際はそこまで捻れるような機構ではなく、
こちらもあくまで必要十分と言った程度。

画像

画像

水平角度まで余裕で開脚できる股関節と大胆に曲がる膝関節は見栄を切ったポージングに役立つ要素。
そしてあらゆる角度に対応する足首の横ロール対応が接地性能を強力にアシスト。

画像

従来のSIDE MSに比べてさらに立膝が上に持っていけるので、より自然な膝立ちが可能に。

画像

画像

画像

画像

ストライクの携行武装、アーマーシュナイダー。
成形色一発抜きの塗装が味気ないですが、可動が優秀なおかげで持たせて動かすだけでもめちゃくちゃ楽しい。

画像

ラジエータープレート兼用の大型可変翼と高出力スラスターを装備したエールストライクガンダム。
エールストライカーパック自体が軽量なため、重みで仰け反ることはなく自立も容易。

画像

エールストライカーパックはメインウイングとスラスター部が可動、ビームサーベルホルダー基部も動きます。
ウイングは造形もシャープで動かしてヘタることもないですが、もう少し気持ち大きく動かせたらよかったかも。

画像

エールストライクに追加武装として配備されたビームライフルとシールド。
ライフルはこれまた単色グレーでの成形。せめてセンサー部には何かしら色分けが欲しかったかも。
シールドは肘裏にジョイントで接続さて、シールド裏面は質感のあるガンメタリックカラーで色分けされています。

画像

画像

画像

画像

ビームライフルはフォアグリップを起こして両手持ちも可能。ディスプレイ台座で空中ポーズも自由自在。

画像

画像

画像

画像

画像

ビームサーベル。発振パーツはクリアーピンクで二刀流も可能。
優秀な可動性能のおかげでグリップ抜刀ポーズも余裕でこなせます。

画像

続いてランチャーストライカー&ソードストライカーセットの拡張パック。

画像

セット内容

・右肩サブウェポンポッド ・左肩サブウェポンポッド ・アグニ ・シュベルトゲベール
・シュベルトゲベール(パース付き) ・ランチャー&ソードストライカー用バックパック ・パンツァーアイゼン
・ビームブーメランエフェクトパーツ ・ビームエフェクトパーツ 大小各×1


シュベルトゲベールはパースの付いた物が追加で付属。長さも通常のシュベルトゲベールの比ではないです。

画像

遠距離の砲撃戦に特化したランチャーストライク。
アグニの砲身がストライクの身長を超えるため、砲身を横ずらし状態にしないと自立は難しいです。

画像

サブウェポンポッド。対艦バルカン砲の砲身やガンランチャーの弾頭がきちんと色分けされています。
アグニはバックパックの接続アームを展開させて保持。グリップ基部も可動するので保持に難はありません。

画像

画像

画像

画像

画像

ストライクの可動性能を活かして様々な砲撃ポーズが決まる!
アグニの砲身が長いおかげで劇中のようなケレン味のあるアクションが楽しめます。

画像

そして近接格闘装備のソードストライク。

画像

サブウェポンポッドにマイダスメッサー、左腕前腕装甲にパンツァーアイゼンを装備。
バックパックのシュベルトゲベールマウント基部は回転機構を搭載。

画像

パース付きのシュベルトゲベール。見よ、このサンライズパース。劇中の抜刀ポーズを見事に決まる!

画像

画像

画像

通常のシュベルトゲベールと使い分けることでさらに広がるポージングバリエーション。
刀身のビーム刃に加えグリップ部のビームエフェクト発振も再現。

画像

画像

パンツァーアイゼン。ワイヤー部はリード線で再現され形状を自由に変えられます。

画像

画像

ビームブーメラン・マイダスメッサー。投擲アクションをさせてもよし。

画像

統合兵装ストライカーパック!

画像

締めはタイトルバックの種撃ちで。

画像

開発側が熟慮を重ねたことが伺える非常に高い可動性能に始まり、破綻のない洗練されたプロポーション、
そしてエールストライカーのボリュームと、エールストライクガンダムだけでもかなり満足できた逸品。
さらに拡張パックのランチャーとソードもそれぞれボリュームのある内容となっており、見応えは抜群。
特にパース付きのシュベルトゲベールは「ここまで大きくするか!」と言わせんばかりの迫力のサイズ。
RGでエールストライクが出たばかりで、それに連動しての便乗リリースかとばかりに思っていましたが、
実際に遊んでみれば納得の内容。動かしてよし、飾ってよしのすばらしい快作でした。

以上、ROBOT魂 エールストライクガンダム&ランチャーストライカー&ソードストライカーセット でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
種ポーズの元ネタは勇者シリーズなんですけどねぇ・・・
エアトス
2012/04/27 18:05
ROBOT魂 エールストライクガンダム&ランチャーストライカー&ソードストライカーセット Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる