Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ

<<   作成日時 : 2011/08/19 03:41   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

さぁ、手なずけろ。太古から続くその力を――

画像

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ

『仮面ライダー オーズ』に登場するオーズの最強形態。
「プテラ」「トリケラ」「ティラノ」の恐竜系メダルで変身する「プトティラコンボ」がS.H.フィギュアーツに登場。
物語の展開と同じくして、いよいよアーツのオーズシリーズも佳境に入ってきました。

その劇中での圧倒的なパワーと他のコンボとは一線を画すシルエットから、
今ままでのオーズ系アーツとは一味違った仕上がりになるだろうと、期待を滲ませつつ発売日が待てずフラゲ。
やはりオーズ最強コンボの名は伊達ではありませんでした。

画像

パッケージ。外観はいつもと同じながら、プトティラのイメージカラーのパープルがアクセントになってます。

画像

そんなパッケージの裏面。何と足首に ダイキャストが採用されているぞ!!!
今更『接地性良く決まる!』とか言われてもピンと来ないけど、ダイキャストの復活は嬉しい限り。

画像

セット内容

・プトティラ本体 ・オースキャナー ・メダガブリュ― アックスモード ・メダガブリュ― バズーカモード
・交換用手首 左右各×4


交換用手首の量と武装内容から、今までのオーズ系アーツでは一番のボリュームかも。

画像

画像

大型恐竜の特性を備え、全身の筋肉とそれを覆う外殻が変化し、威圧感を纏ったプトティラコンボ。
全体のプロポーションや塗装精度は非常に良好。光沢も程よく高級感があります。
新規造形となるプテラヘッドやトリケラアーム等、随所にシャープな造形が活きています。
背中のエクスターナルフィンも再現されていますが、テイルディバイダーはオミット。

個体差なのか、今回のプトティラはやけに関節のジョイントが外れやすいと思いました。
特に二の腕や手首のジョイントが緩く非常にストレスになったので、自分は軸を太らせて緩みを抑えました。

画像

プテラヘッド。プテラアイは毎度のクリアーパーツ製で鮮やかに再現。
嘴に当たるオークォーツ部分にもクリアーパーツが採用されています。

画像

プトティラになり大きく外観が変化したオーラングサークル。立体化した金縁が胸部を覆っています。
分割線はそれぞれ接着されているため、OCCのように切り離しての改造は非常に困難。

画像

トリケラアーム。腕部にトリケラトプスの頭部を模した外殻が装着されています。

画像

背中のエクスターナルフィンは軟質性。さすがに劇中のように大きく広がったりはしません。
根元が緩く簡単に取れるのでよくポロリします。

画像

画像

腰の左右にはオースキャナーとメダルホルダーを装備。
オーズドライバーのスロット部は恐竜メダルの色に合わせて変化しています。
シャウタ同様にドライバ―接続部が接着されているので、無闇に取り外さない方が吉。

画像

ティラノレッグ。触れ込み通り、足首にはダイキャストが採用されています。
おかげで接地性能は全コンボ中ナンバーワン。

新規造形部が少なからずあるので、各関節の可動説明を。

画像

画像

肘関節は二重関節で必要十分な可動。腕の外殻が干渉する時は外殻パーツを回して解消。
肩関節自体は他のオーズ系アーツと同じ構造ですが、肩の外殻が跳ね上がるため良好な同範囲は顕在。
立体化したオーラングサークルが影響するかと思いきや、意外にも腰回りの可動も健在。
屈みこむような姿勢はサークルの縁が干渉して無理がありますが、反対に仰け反りポーズには対応しており、
腰をひねった躍動感あるポージングも不自由ありません。

画像

膝は既存のアーツと同じく二重関節、足首は爪先に可動ジョイントが仕込まれています。
さらにダイキャスト製になった足首は、既存アーツと同じく横ロールに対応。
今までのオーズ系アーツで泣かされてきた接地性能の悪さともこれでさよならです。

画像

専用武装のメダガブリューは、アックスモードとバズーカモードがそれぞれ付属。
クリアーパーツがブレード部やグリップに採用されており、小さいながら密度のある再現度です。

画像

うぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

画像

\プテラ!/

画像

\トリケラ!/

画像

\ティラノ!/

画像

画像

\プットッティラーノザウルース!!!/

画像

画像

ダイキャスト製足首のおかげで腰を落としたプトティラらしいポージングも楽に作れます。

画像

アンク「映司、こっちだ!」   映司「グァッ!?」

画像

どこからともなく掘り出すメダガブリュー。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

メダガブリュー アックスモード。
プトティラはパンチキックの格闘戦よりガブリューや特殊能力を使った戦闘のイメージが強いですね。

画像

リボルテックのエヴァ弐号機ビーストモードのエフェクトで。

画像

\スキャニングチャージ!/
さすがに串刺しからの氷漬けやテイルディバイダーでの叩き割りは再現が難しいですね。

画像

\ゴックン!/

画像

画像

画像

メダガブリュー バズーカモード。持ち手が2種類あるので保持には困らないです。
小脇に抱えて構えるポーズもばっちり再現できます。

画像

画像

画像

\プットッティラーノヒッサーツ!!!/

画像

オーズ、ここに集合。亜種を差し引けば残すは劇場版に登場したブラカワニのみ。

画像

シャープなフォルムと質感ある外観、そしてダイキャストが採用された足首のおかげで、
他のオーズ系アーツを上回るディテールと安定感を持っています。
スキャニングチャージの固有能力再現こそ難しいですが、ガブリューでのアクションもばっちり決まるし、
一見動かし難く見える上半身も、案外不自由なく動いてくれるのがGood。

ただそれに反してジョイントや各部のポロリが今回は仇になってしまった印象。
特に自分の個体は手首とエクスターナルフィンが緩かったので補強必須でした。
結果的に細かいところで損をしているのが否めないので、実に勿体ない感じ。

それはともかくやっぱり最強コンボなだけあり、他のコンボとは一味違う仕上がりになっているのが魅力。
残るWEB限定のブラカワニも揃えて、劇場版のシーンを早く再現したいです。

以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ でした!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる