Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ(EW版)

<<   作成日時 : 2011/07/11 20:09   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

教えてくれ!ゼロは俺に何も教えてくれない――

画像

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ(EW版)

『新機動戦記ガンダムW 〜Endless Waltz』から、ROBOT魂SIDE MSにウイングガンダムゼロがラインナップ。
カトキハジメデザインの翼を纏った美しいガンダムが、ROBOT魂ならではの確かなアクション性を持って登場。

MGやPGなど、こと立体化においてはかなり恵まれていると思われるEW版ウイングゼロ。
発売前まではそこまで期待をしていなかったのですが、実際に遊んでみたらいい意味で見事に裏切られました。
『決定版ウイングガンダムゼロ』と謳っていたのは伊達ではなかった!

画像

パッケージ。大きなウイングユニットを収めた内容の為、サイズはやや大きめ。
店頭での実売価格が2000円代後半と、同時期に発売されていたコダールより安かったのは意外でした。

画像

セット内容

・ウイングガンダムゼロ本体 ・バックパック ・ビームサーベル刃 ・バスターライフル 左右各×1
・交換用手首 左右各×2 ・ジョイントパーツ ・魂STAGEスタンド


元々武装自体がツインバスターライフルにビームサーベルのみとシンプルなので、
内容の数自体はそれほど多くはなくとも、やはり背中のウイングバックパックユニットがインパクト大。
さらに空中ディスプレイが可能な魂STAGEまで付属と気を利かせた内容になっています。

画像

画像

鳥類を思わせる美しい翼を纏ったガンダム、それがゼロ。全体のプロポーションはかなりの高水準。
カトキデザインのディテールを程よく抑え、破綻のないバランスでまとまっています。
塗装精度も安定しており、トリコロールカラーが映えるカラフルな仕上がりが非常にGood。

画像

頭部。SIDE MSのネックだったガンダム顔の造形もここに来てようやくツボを心得たのか、
細かい塗装荒れなどもなく、非常に凛々しいフェイスに仕上がっています。
胸部のインジケーターはメタリックグリーンで再現。

それでは可動範囲やギミックの説明。

画像

画像

肘関節は文句なしの可動性能。余裕で180度曲がります。
肩関節は一応腕を水平方向までスイングできますが、肩アーマーと干渉し合うのでやや強引な感じ。
その肩関節の機構は、よく見る前方への引き出しではなく、上方へせり出すような機構になっています。

画像

腹部には仰け反りや屈み込みに対応した可動ポイントを内蔵。主に飛行ポーズの再現に役に立ちます。
腰の回転はやや控えめながらも必要十分と言った程度に捻ることが可能。

画像

膝関節から足首にかけては流麗な脚線が見事に可動。
関節の仕込み具合も柔らかすぎず固すぎず、実に気持ちいいポイントで曲がってくれます。

画像

画像

背中のウイングユニットは、4本のアームと仕込まれた可動ポイントで劇中さながらフレキシブルに可動。
アームは前方への回転にも対応し、ウイングユニットを前面に展開できることもできます。
ウイング自体にはパール仕上げのような上品な光沢があり、あまり安っぽい印象がないのがGood。
メインウイングの独立した小羽には、MGでも採用されていた軟質性の素材が用いられ、
アーム接続部とウイングの分割ポイント、小羽の可動により、動きに大きく表情を与えることができます。
さらにサブウイングスラスターには翼面積展開ギミックも内蔵。まさに至れり尽くせりです。

画像

ウイングアームユニットにはビームサーベルグリップを内蔵。
グリップは2本付属していますが、付属のサーベル刃が1本のみという残念仕様。歯がゆいです。

画像

両肩のマシンキャノン展開ギミック。蓋が頭部に干渉し、砲身自体もあまり目立たないので使い所が難しいです。

画像

画像

画像

フレキシブルなウイングユニットの可動性能を活かして、大気圏突入形態も再現可能。
空中ディスプレイがデフォルトのウイングゼロにとって、魂STAGEの付属は本当にありがたいです。

画像

画像

画像

この流麗なシルエットこそウイングゼロの醍醐味。よく再現できています。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

メインウェポンのツインバスターライフル!
保持力がネックになるかと思いましたが、何の不自由もなくしっかり持たせることができます。
銃身の動力コード部の塗装にアクセントとしてレッドが用いられているのが特徴。

画像

画像

ゼロシステムの最大効果確認!

画像

画像

画像

画像

ビームサーベル!発振パーツはブルーに近いクリアーパーツ。
やはりグリップが2本付属しているので、発振ビーム刃も2本あった方がより遊び幅が出るんじゃないかと。

画像

画像

「確認する。シェルターは完璧なんだな?」 砲身を連結することでラストシューティングの再現も完璧。

画像

「了解した…」

画像

正直ナメてました。このウイングゼロの完成度、半端ないです。
可動性能も上々で武器の保持にも不満はなく、一部省略はありますが塗装精度も安心して見れる仕上がり。
そしてウイングユニットの表情付けはMGよりも動かしやすく遊びやすい構造と、まさに決定版の看板に偽りなし。
この出来ならWEB限定のアーリーウイングも買ってもいいかなという気持ちにさせてくれます。
EWシリーズはトールギスVのリリースが決定しているので嬉しい限り。
今後への期待も込めて、かなりオススメできる内容になっていると思います。

以上、ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ(EW版) でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゼロ、かっちょいいですね。ツインバスターライフルがサマになります。
相互リンクの件、ありがとうございました。
当方でも早速リンクを作成しましたのでご確認ください。
今後ともよろしくお願い致します。
よーきー
URL
2011/07/11 21:17
>>よーきーさん
確認しました。これからよろしくお願いいたします。EXTENDED MS IN ACTIONの頃と比べると、このゼロは物凄く造形面や遊びやすさで進化しています。店頭在庫が掃けてしまう理由も頷ける出来です。
berber
2011/07/19 01:47
ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ(EW版) Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる