Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROBOT魂 ギラ・ズール(アンジェロ機)

<<   作成日時 : 2011/03/24 01:29   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

増援の気配はないんだろう――?請け合うよ

画像

ROBOT魂 ギラ・ズール(アンジェロ機)

『機動戦士ガンダムUC』に登場するフル・フロンタル親衛隊の若き隊長にして世界の浄化を求める異端者、
アンジェロ・ザウパー専用機のギラ・ズールです。

発売時期は2010年12月とepisode2公開間もなくのタイミングでリリースされ、
買ってからしばらく積んだままにしてましたが、久々のロボ魂レビューということでチョイスしてみました。

HGでエングレービングを辟易してる人にはいい救済処置とも言えるロボ魂UCネオジオン勢だけど、
アクションフィギュアとしてその内容や如何に。

画像

パッケージ。元々ネオジオンMSが図体のデカい重MSばかりなので箱のボリュームも結構あります。
ノンスケールですが、一応作品ごとに大きさの統一は計られている模様。

画像

セット内容

・アンジェロ機本体 ・重装用バックパック ・プロペラントタンク×2 ・ランゲブルーノ砲
・腰部マガジンパーツA&B ・シュツルムファウスト×4 ・シールド ・ジョイントパーツ
・交換用手首 左右各×3


特徴的な重装用バックパックのおかげで内容が詰まっているように見えますが、
その実やはり武装がランゲブルーノ砲とシュツルムファウストのみというHG同様の物足りない内容。
一般機の豊富な武装を流用して遊ぶこともできますが、せめてビームホークは欲しかったかな。

episode3でお披露目したビームショットライフルは付属しないので、今となっては蛇の生殺し状態……。

画像

画像

背中に装備した重装用バックパックのおかげで、スマートだったギラ・ズールが一変。
両肩のスパイクアーマーも相まって威圧的な風貌が特徴。各部のエングレービングも塗装で再現されています。
所々に配されたメタルパーツ色のアポジモーター等が何気にいい味を出しています。

素体自体は先行発売された一般機がベースなので良好な部類に入りますが、
可動クリアランスを確保した影響か、腰と下半身にやや隙間が生じており、これが地味に目立ちます。

後は重たいバックパックのおかげで素立ちさせるのにも一苦労。
スリッパ自体は割と大きいのですが、これがその実分割構造ではないのでどうにも接地性能がイマイチです。

画像

頭部。モノアイは大きめに再現されているので、遠目にもはっきりと確認できます。
側頭部にマーキングが入っていたりと、細かいところまで再現されているのにはビックリしました。

画像

一般機からの改良点として、頭部ヘルメットを取り外してモノアイが可動するようになりました。
ただ外せるようになったおかげで不必要にヘルメットがポロリし、逆にストレスになってしまいがち。

それでは各部の可動範囲やギミックなどの説明を。

画像

画像

可動範囲はほぼ一般機と同じレベル。肘関節が思いのほか動いてくれます。
肩のスイングに関してはスパイクアーマーが仇となって動かせる範囲がせまく、
接続がボールジョイントなので過度に引き出したりすることもできません。

腰の捻りは動力パイプが邪魔になるかと思いきや、余裕でぐいぐい回転できます。
但し前述したように胴体と下半身とで隙間が生じているので、
見た目を犠牲にして可動性を確保したと言った方が正しいかもしれません。

画像

画像

膝関節の可動は標準レベルで、それなりに動いてくれると言った感じ。
足首はスリッパとの接続ポイント1点のみで、尚且つスリッパ自体が分割構造でないために、
前述したように接地性が悪くポージングにも幅が出ないのが難点。
なお膝を曲げる際はフロントアーマーを可動させることで、より可動範囲を確保することができます。
この工夫ポイントはなかなか理にかなってるかなと。

問題は股関節。ある程度までは開脚ができますが、それ以降開くと内股気味になってしまい、
あまり躍動感の得られる可動性能は持っていません。

画像

親衛隊専用武装のランゲブルーノ砲と、ネオジオンのマーキングが入ったシールド。
シールド裏にはシュツルムファウストを装備可能で、4本全て着脱できます。

画像

画像

ランゲブルーノ砲とシールドを装備。背中のバックパックの接続アームにマガジンベルトを取り付けます。

画像

ランゲブルーノ砲の接続アームはジョイント部が伸縮展開するギミックを搭載。
これで構えやすくなると思いきやマガジンベルトの差し込みにに難があり、ポロリするおかげで大きなストレスに。
これなら大小2つのベルトを付属させる意味もそこまでないような……。
とにかくこのマガジンベルトのおかげで遊びやすさが大きく損なわれています。

画像

ギラ・ドーガの物同様、シールドの分割部には可動ポイントがあり、曲げることができます。

画像

画像

画像

長距離射撃武装・ランゲブルーノ砲!2箇所のグリップで片手持ち・両手持ちを再現可能。
ただやっぱり両手持ちさせるには肩の引き出しに不足があり、あとは前述のマガジンベルトの件も相まって、
構えさせるのには少々骨が折れます。

でも長い得物のMSってのはケレン味が出ていいね!

画像

画像

画像

画像

ぅ私に撃たせたなぁあああ!?

ガンダム出会ってすぐキレる、狂気のアンジェロ隊長さん。

画像

画像

シュツルムファウスト、射出!

画像

画像

一般機のビームマシンガンとか。

画像

画像

ビームホークが意外にも似合う!

画像

画像

シナンジュと並べるとかなりいい感じ。こうして見ると袖付きのMSって派手すぎやしないかしら。

画像

親衛隊!露払いをさせていただきます!

画像

画像

ヴァカにしてぇ゛え゛え゛!今さらそんな態度が通用するものかよ!!
さっさとガンダムになって見せろぉおお!!!!

画像

アンジェロ、逃げろ!奴は普通じゃない、離れろ!!

画像

武装が少ない点と、肝心のランゲブルーノ砲が構えさせ辛いおかげで、全体のプレイバリューは控えめな印象。
ですが安定した塗装精度と一般機から改良点を加えてきたところは、いいポイントと言わざるをえないですね。
腰の隙間を除けば好スタイルだし、ガッチリポーズを作って構えさせる分には十分見栄えします。
HGUCのキットを作るよりお手軽に綺麗なアンジェロ・ズールが手に入ると思えば、安い買い物かと。
さらに突き詰めて遊びやすさも重視されていれば、そこそこいい立体物になってたような気がします。

ただどうにも解せないのは、親衛隊一般機がWEB限定品な点。
一般流通させるにあたってそこまで需要があるとは確かに思えないですが、
親衛隊を揃えたいっていう人には随分と敷居の高い売り方になっています。
そこはやはり『いつものバンダイ商法』ということで片付けるには惜しいような気も……。

以上、ROBOT魂 ギラ・ズール(アンジェロ機) でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ROBOT魂 ギラ・ズール(アンジェロ機) Re:Mixed TOY JUKE!しゃっふる!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる